ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ

リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記



お知らせ

2016/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(金)〜1月3日(火)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月4日(水)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました

ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処情報を月ごとにご紹介

熱中症と脳卒中の初期症状はよく似ている

2019.8.10.jpg

大切なことは、睡眠の前後にも水分補給を行うことです。

眠っているときは、一般に血圧が低下するため、血液の流れが遅くなり、血栓ができやすい状態になります。

さらに起床する前後からは、血圧が上昇すると同時に、アドレナリンが分泌されることで、血液が固まりやすくなります。よって、夏の脳梗塞は睡眠中から起床後の時間帯にかけて、発症のリスクが高くなります。

予防のために、まず寝る前に水を1杯飲むようにしましょう。また、朝起きたときに水を1杯飲むことも、夏の脳梗塞予防につながります。

 

 

熱中症と脳卒中の初期症状はよく似ている 脳卒中が疑われたら直ちに119番に電話を!

 
 
 
熱中症も頭痛や悪心・嘔吐、めまいや一時的な失神などが起こります。
 
初期症状は脳卒中とよく似ているのです。
 
脳卒中になると激しい頭痛や吐き気がし、
 
力があるのに立てなかったり、フラフラする。
 
運動麻痺(片麻痺)や感覚障害、ろれつが回らず、
 
物が2つに見えたり、意識を失ってしまうこともあります。
 
 
■ 脳梗塞は夏に多い!
 
 
 
脳梗塞は夏に多いということを、ご存知でしょうか。
 
従来、脳梗塞や脳出血などは、
 
血圧が上昇しやすい冬に多いとして知られていました。
 
ところが国立循環器病センターの調査によると、
 
脳梗塞に限っては夏のほうが多いことがわかっています。
 
 
 
そのおもな原因は、脱水症状です。
 
夏は、気付かないうちに体内の水分が不足がちになるため、
 
血液の流れが悪化し、血管が詰まりやすくなるのです。
 
 
 
夏に多い脳梗塞は、脳の血管そのものが狭くなったり、
 
血栓ができたりすることで引き起こされる脳血栓症です。
 
脳血栓症は、普段健康そうにみえていても、
 
脱水症状が引き金となって急に発症します。
 
高齢者に限らず、30〜50歳代の比較的若い世代でも、
 
発作におそわれて倒れることがあるので注意が必要です。
 
 
 
■ 根底には動脈硬化が
 
 
 
脳梗塞は、多くの場合、その根底には動脈硬化(血管の老化)があります。
 
加齢とともに、だれでも動脈硬化が起こりますが、
 
それを促進するのが肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病です。
 
こうした病気、その予備段階の人は、脳梗塞のリスクが高いだけに、
 
夏には水分補給を十分に心がける必要があります。
 
 
 
とくに注意したいのは血圧が高めの人です。
 
脳の細い動脈は影響を受けやすく、
 
血管壁が厚くなると血流が悪化し、詰まりやすくなります。
 
そこに脱水症状が加わることで、
 
血栓ができるリスクが急激に高くなります。
 
 
 
■ 睡眠の前後にも水分補給を
 
 
 
もう一つ大切なことは、睡眠の前後に上手に水分補給を行うことです。
 
熱帯夜ともなると、大汗をかくことも珍しくありません。
 
眠っているときは、一般に血圧が低下するため、
 
血液の流れが遅くなり、血栓ができやすい状態になります。
 
 
 
さらに起床する前後からは、血圧が上昇すると同時に、
 
アドレナリンが分泌されることで、血液が固まりやすくなります。
 
よって、夏の脳梗塞は睡眠中から起床後の時間帯にかけて、
 
発症のリスクが高くなります。
 
 
 
予防のために、まず寝る前に水を1杯飲むようにしましょう。
 
また、朝起きたときに水を1杯飲むことも、
 
夏の脳梗塞予防につながります。
 
とくに血圧が高めの人や、動脈硬化の疑いがある人は、
 
睡眠前後の水分補給をぜひ心がけてください。
 
「Yahoo!ニュース より」
 
 
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
 
 
動脈硬化は年齢とともに発症しやすくなり、50代になるとほとんどの人
 
(女性は60代から)に動脈硬化が見られるようになります。
 
 
 
近年、動脈硬化の原因として新しく注目されているものに、
 
ホモシステインというものがあります。
 
虚血性心疾患である心筋梗塞の発作を起こした人の2割程度にしか
 
高コレステロール血症が見られないことから、
 
これまで長い間、コレステロール以外に動脈硬化の原因となるものが
 
あるのではないかと考えられていました。
 
そうして、ホモシステインがそのひとつの原因だと
 
注目を集めるようになりました。
 
このホモシステインが動脈の壁に沈着すると、
 
酸化される過程で血栓を引き起こし、
 
血管を傷害して動脈硬化を引き起こすのです。
 
ホモシステインはLDLと一緒になり
 
血管壁にコレステロールを沈着させます。
 
また活性酸素と一緒になり、脂肪やLDLの過酸化、
 
血管内皮細胞や血管の平滑筋の異常を引き起こします。
 
その結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞になるのです。
 
 
 
もしビタミンB群のビタミンB12・B6や葉酸があれば、
 
ホモシステインは分解されます。
 
さらに、ビタミンB12や葉酸をはじめとするビタミンB群は、
 
ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため
 
一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。
 
2019年8月10日
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.