ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ

リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記



お知らせ

2019/8/8
≪お盆の休業日≫
8月10日(土)〜18日(日)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 商品の発送は8月19日(月)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2019/4/19
≪ゴールデンウィークの休業日≫
4月27日(土)〜5月6日(月)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 商品の発送は5月7日(火)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2018/12/18
≪年末年始の休業日≫
12月28日(金)〜1月6日(日)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月7日(月)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2018/4/16
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時クレジットカード払い」がご利用いただけるようになりました。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました

ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処情報を月ごとにご紹介

古くて新しい栄養素「ビタミンB群」の可能性

2019.6.11.jpg

ビタミンBの種類によって脂質の酸化を防ぐ段階が違い、少しずつ時間をずらしながら、相互に協力し合っていることがわかってきたのです。

酸化とは、いってみれば体内をサビつかせることであり、老化の原因といわれています。しかし、酸化そのものは人体にとって必要なことなのです。もちろん、酸化が続いてしまうのはよくないことであるのは間違いありません。

ただ、急性期は酸化をさせないといけないこともあります。それがこの反応なのです。

また、ビタミンB群は、脂質代謝を改善する作用があるのと同時に、糖化抑制作用もあわせ持っています。

 

 

古くて新しい栄養素「ビタミンB群」の可能性

 

ビタミンB群は、ストレスや飲酒、糖質のとりすぎなどで

大量に消費されてしまいます。

 

これまでも神経伝達物質の合成に深くかかわっていること、

代謝ビタミンとしての役割があるなど、重要視されてはきました。

そして今、ビタミンB群は、古くて新しい栄養素として

再び注目されています。

 

ビタミンB群についておさらいすると、ビタミンB1、B2、B6、B12、

ナイアシン(B3)、パントテン酸、葉酸、ビオチンの総称です。

水溶性のビタミンでおもに補酵素として働くため、

かつては少量で十分と思われていた栄養素の代表でした。

 

ビタミンBが、「B群」としてとらなくてはならない

といわれている1つの理由は、

人間のエネルギーをつくり出すTCA回路(クエン酸回路)を回す

重要な役割があるからです。

 

そして最近になって、ビタミンB群は脂質の酸化を防止している

(脂質の抗酸化作用)ということもわかってきました。

抗酸化作用とは、炎症が起こったときに働く

活性酸素に対抗する作用のことです。

 

今まで脂質の抗酸化については、ビタミンEなどの

脂溶性ビタミンの働きが主ではないかと考えられていたのですが、

なんと水溶性ビタミンであるビタミンB群も脂質の酸化を

防いでいたのです。

 

しかも興味深いのは、時間の経過によって酸化の反応が違うことです。

ビタミンB1、B2、ナイアシン、葉酸は最初の1週間はむしろ、

脂質の酸化を促進させる。

そして2週間めは停滞状態で、

3週間めになって脂質の酸化を抑制しはじめるのです。

つまり、最初は酸化を促進して、後半は酸化を抑制している。

 

そしてB12は、1〜2週間目は酸化の抑制作用がないが、

3週目になると急に酸化を抑制しはじめる。

さらにB6は、初期から酸化を抑制している。

 

このように、ビタミンBの種類によって脂質の酸化を防ぐ段階が違い、

少しずつ時間をずらしながら、

相互に協力し合っていることがわかってきたのです。

酸化とは、いってみれば体内をサビつかせることであり、

老化の原因といわれています。

しかし、酸化そのものは人体にとって必要なことなのです。

 

もちろん、酸化が続いてしまうのはよくないことであるのは

間違いありません。

ただ、急性期は酸化をさせないといけないこともあります。

それがこの反応なのです。

まさに、人体の神秘、神の御業というしかありません。

 

さらに、ビタミンB1、B6は、抗酸化だけではなく、

同時に「抗糖化」、つまり糖化を抑制する作用がある物質

としても注目されています。

 

難治性の統合失調症の患者さんの約25%に、

ひどく糖化が進んでいる人たちがいることがわかっており、

同時にその人たちの血中ビタミンB6の数値が

極めて低いことがわかっています。

そこで今、通常の統合失調症の治療で、

ビタミンB6を補充するということが

トライアルとしてなされています。

 

このようにビタミンB群は、

脂質代謝を改善する作用があるのと同時に、

糖化抑制作用もあわせ持っています。

今後の抗酸化アプローチにおいて、

中心的存在の栄養素となる可能性が期待されています。

「「うつ」は食べ物が原因だった! より」

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

血管は「酸化」していくことで傷ついていきます。

たとえば、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が血管にへばりついて、

プラークと呼ばれるこぶを血管の壁に形成していくのです。

 

でも、LDLには2種類あることをごぞんじですか?

それは、酸化したLDLと酸化していないLDLです。

LDLの中でも血管に悪さをしていたのは、実は酸化LDLだったのです。

ということは、血管を酸化から守るシステムがしっかりできていれば、

酸化LDLは血管に付着しづらくなる。

それが血管老化を防ぎ、血管強化につながるということです。

 

ビタミンBの抗酸化力は強くありませんが、

細胞のエネルギー産生やエネルギー代謝を効率よくするためには

なくてはならないビタミンです。

体内で起こっている「酸化」の抑制にも間接的に関わっています。

B群は体中の細胞の正常な代謝活動を助ける「補酵素」として、

欠かせない存在なのです。

2019年6月11日
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.