ビタミンB12高用量配合のサプリメント

   
 
  
  脳梗塞の予防・対策、後遺症にビタミンB12のサプリメントリブラ  

リブラまとめ買いチャンス

各種お問い合わせ

ご注文方法

ブログ 縁処日記

老化を感じはじめたら脳と神経のビタミン!


  ・物忘れ・集中できない・やる気が出ない
  ・加齢・生活習慣・ストレス・活性酸素・・・



★ビタミンB12の働き



からだが疲れやすいのは、エネルギー不足のこともあり、からだにたまった老廃物がうまく代謝されないためでもあります。
ビタミンB群は、エネルギーの供給や老廃物の代謝に働いています。 いわば元気の素です。
また、ビタミンB12や葉酸をはじめとするビタミンB群は、ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。

今から60余年前、アメリカの月刊誌『リーダーズダイジェスト』は、“赤いビタミン(ビタミンB12)が悪性貧血の患者を救う特効薬だ”と報じてセンセーショナルな話題を提供しました。 以来、“ビタミンB12”は、世界的に研究者の注目を集め、それに関連した研究にはいくつものノーベル賞が与えられてきました。 そして今では、ビタミンB12は、悪性貧血のみならず神経や免疫系にも効果があることが明らかになり、高齢者のうつや認知症状の予防等に利用されています。

ビタミンB12は水溶性と脂溶性という特徴を併せ持つため体の隅々にまでいきわたりさまざまな働きをします。
細胞の生成にとって重要な核酸(DNA)・たんぱく質の合成や末梢神経(手足)、 中枢神経(頭)、認知機能に関わりがあるため、健康維持に無くてはならない栄養素なのです。 細胞が入れ替わることにより若さにもつながると考えられます。
元京都大学医学部の亀山正邦教授は、健康な人と比較して、認知症患者の脳では、ビタミンB12が4〜6分の1に減っていたと報告しています。
脳の働きとビタミンB12との深い関係を示す研究結果といえるでしょう。

また、ビタミンB12と葉酸、ビタミンB6の吸収が悪くなると動脈硬化の原因物質 (ホモシステイン・活性酸素)が増えるといわれています。


★ビタミンB12の欠乏・吸収


ビタミンB12は大量にとっても排泄されやすく吸収されにくいビタミンです。

脳には無数の神経細胞があり、その神経細胞の末端からセロトニンやアセチルコリン、ドーパミンなどの神経伝達物質を放出しています。
それらによって次の細胞に情報を伝えていき、それが網の目のようにいっせいに行われることで、情報が瞬時に伝わり、手や足などの末端まで伝達されていきます。しかし、その伝達情報がうまくいかないと、脳が興奮して抑制が効かなくなり、イライラしたり、落ち着かなくなったりします。

イライラしやすいときは、脳の神経伝達物質であるセロトニン、アセチルコリン、ドーパミンなどが不足していることが考えられます。そのため、これらの材料となるアミノ酸と、アミノ酸を取り込むために必要な糖分やビタミンB12の不足を疑ってみましょう。

厚生労働省が定めた日本人の栄養所要量によると、ビタミンB12の必要量は、成人で一日2.4マイクログラム(1マイクログラムは百万分の1g)です。
しかし、これは欠乏症である悪性貧血や神経障害を起こさないための最低量です。
最近では、こうした所要量とはケタ違いに大量のビタミンB12を摂取することで、脳神経系にさまざまな効果が認められることがわかってきました。
ビタミンB12の研究者で化学者でもある村上幸雄氏は、脳神経系への積極的な作用を期待するには、1日に3000マイクログラムをとるよう提唱しています。

現在60歳以上の人の20パーセントでビタミンB12の欠乏が見られということです。
ビタミンB12は胃の内因子という糖たんばくと結合し吸収されますが、年齢とともに胃が小さくなったり胃の状態が悪くなったりして、内因子が少なくなりビタミンB12の吸収が悪くなってしまうのです。
高齢者が理由のはっきりしない神経症状を呈したら、ビタミンB12の欠乏を考えるべきだという学者もいます。
しかし、ビタミンB12は大量に摂ることで浸透圧の原理による押し込み効果によって胃の内因子と関係なく吸収されることが分かっています。
吸収率を高めるビタミンB12摂取量の目安は1000μg(マイクログラム)以上と考えられています。

ビタミンB12を大量に摂っても、副作用がないことが確認されています。 最終的には尿中に排泄されますが、それまでの間、体内でさまざまな働きをします。

さらに、主に動物性食品にしか含まれないというビタミンなので、野菜中心の食生活の人や、ダイエットをしているなど食事の量が少ない人は、ビタミンB12を補った方が良いとされています。 胃の病気、ストレスなどでも不足します。

膵臓に病気のある人も同様です。
また、透析を行っている人にも欠かせません。

糖尿病になると食べ物からビタミンB12の他、葉酸・ビタミンB6の吸収が阻害されるのでサプリメントやビタミン剤などで補う必要があります。

また、ビタミンB12と葉酸、ビタミンB6の吸収が悪くなると動脈硬化の原因物質(ホモシステイン・活性酸素など)が増えるといわれています。

さらに、ビタミンB12は、葉酸をはじめとするビタミンB群、ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。

≪ビタミンB12が必要な人は・・・?≫

▲胃の病気にかかっている方
ビタミンB12が体内に吸収されるためには、胃から分泌される特殊なタンパク質(内因子)が必要となっています。
このため、何らかの原因で胃に異常をきたした場合や、胃を切除している方などは、吸収がされにくくなりますので注意が必要です。

▲肝臓に障害を持っている方
ビタミンB12は、肝臓で5年は貯蔵されるといわれています。
肝機能に障害をもった場合には、貯蔵ができず、不足しやすくなります。

▲菜食主義の方
ビタミンB12は、動物性の食品に多く含まれていることから、極端に野菜ばかり食べる人は不足しやすくなります。
また、高齢の方は、動物性食品を避ける傾向があるので、不足しやすくなっています。

リブラには、ビタミンB12(1包中 1500μg)とともに、葉酸他のビタミンB群、ビタミンE、セレン、コエンザイムQ10、イチョウ葉エキス、ローヤルゼリーといった多種類の有効成分や機能性食品が配合されています。

健康維持、慢性疲労、加齢からくる衰えや生活習慣からくるお悩み、頭・心のお悩みを感じている方などにお摂りいただいています。

ビタミンB12は、大量かつ配合によって効果的に働きます
  
 
 

こんな方に・・・

   ・ちょっとした用事・名前が思い出せない
   ・集中力不足・やる気が出ない
   ・落ち込むことやボーっとすることが多い
   ・一日元気に過ごしたい
   ・すっきりと朝を迎えたい
   ・パソコンをよく使う
   ・受験に向けてがんばっている
   ・動物性食品をほとんど食べない方
   ・ダイエットや加齢により食事量が少ない方

     無料サンプルで是非お試し下さい。
         資料・サンプル請求はこちら

 
 
  
≪ビタミンB12を多く含む食べ物・食品・食材≫

ビタミンというと、一般には、野菜などの植物食品に多く含まれるというイメージが強いようです。 しかし、実は動物性食品にしか含まれないビタミンもあります。
それはビタミンB12です。

ビタミンB12は、肉や魚介類、卵、乳類などの動物性食品には広く含まれますが、原則として植物性食品には含まれません。

ただし、おもしろいことに、納豆やみそ、たくあんなど、日本に古くからある保存食には、植物性でも例外的にビタミンB12が含まれています。 これは、発酵の過程でビタミンB12が作られるためと考えられます。

▲食べ物・食品・食材100gあたりに含まれるビタミンB12含有量(単位:μg)

   ・牛レバー 52.8 ・鶏レバー 44.4 
   ・アサリ 52.4 ・カキ 28.1 
   ・シジミ 62.4 ・さんま 17.7 
   ・たらこ 18.1 ・焼きのり 57.6 

  
 
 


  超高齢社会を目前とした今、元気でいきいきと
  年を重ねるために、ビタミンB12に注目して
  いただきたいと思います。

         栄養化学研究所 所長 村上幸雄

 
 

一般にビタミンB群は、ひとつが欠乏するときには、
他のビタミンも欠乏していることが多いです。
すべてのビタミンは老化と関係があり、とくに、B類の
ビタミンB12、B6、葉酸は 生活習慣で老化を
早めないために、役立つ成分とされています。
体の老化は20代ころから始まります。
老化は生きている以上避けられないものですが、何を
どう食べるかで進行程度が変わってきます。
超高齢社会を目前とした今、元気でイキイキと年を
重ねるためにビタミンB12に注目していただきたいと
思います。
ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

一覧に戻る

 
   
   
脳梗塞の予防・対策、後遺症にビタミンB12のサプリメントリブラ