ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ



リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記


お知らせ

2014/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(火)〜1月4日(日)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月5日(月)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました


ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

ビタミンB12はどのような人に必要?

2016.9.23.jpg

 

ビタミンB12と葉酸、ビタミンB6の吸収が悪くなると

サビの原因物質(ホモシステイン、活性酸素など)が

増えるといわれています。

さらに、ビタミンB12は、葉酸をはじめとするビタミンB群、

ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため

一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。

 

 

◆◆ ビタミンB12はどのような人に必要? ◆◆

 

ビタミンB12は、アメリカのフォルカースなどによって、

1948年「悪性貧血予防因子」として決勝が分解され、

ビタミンB12と名づけられました。

1955年にX線による結晶解析法で化学構造が明らかになりました。

 

ビタミンB12は腸で吸収されます。

しかし、その前に胃の内因子と結合することで

吸収される状態をつくっているため胃の病気などの場合は、

胃の内因子なしで吸収されるために大量のビタミンB12を

補給する必要があるそうです。

ビタミンB12は大量に摂ることで浸透圧の原理による押し込み効果によって

胃の内因子と関係なく吸収されることが分かっています。

吸収率を高めるビタミンB12摂取量の目安は1000μg(マイクログラム)以上と

考えられています。

 

高齢で胃の粘膜が萎縮している人や膵臓に病気のある人も同様です。

また、透析を行っている人にも欠かせません。

糖尿病になると食べ物からビタミンB12のほか、葉酸・ビタミンB6の

吸収が阻害されるので栄養補助食品(サプリメント)やビタミン剤などで

補う必要があるとされています。

 

その他にビタミンB12が必要な人は?

肝臓機能維持強化、貧血、末梢神経の修復や中枢神経の脳にも

関係することが知られており、記憶力や精神のバランスにも

関与しているとされています。

 

スポーツをする人にもビタミンB12は必要。

筋肉が動くように脳から指令を伝える神経が、正常に働くためには、

ビタミン群の仲間が必要です。

筋肉や神経を動かすエネルギーを作るのがB1、神経伝達物質の生成に

働くのがB6、そしてB12の役目は神経細胞内の核酸(DNA)やタンパク質

などを合成、修復するところにあります。

どのビタミンが不足しても神経は正常には働いてくれません。

 

ビタミンB12は、主に動物性食品にしか含まれないビタミン。

野菜中心の食生活の人や、ダイエットをしているなど食事の量が少ない人は、

ビタミンB12を補った方が良いとされています。

加齢、胃の病気、ストレスなどでも不足します。

 

誰でも脳は年齢とともに萎縮します。
 
これは人間が生き物である以上は避けられないことなのですが、
 
統計的に、何歳であればどれくらい小さくなる、ということもわかっています。

年代による脳の違いは明らかですが、この過程が「老化」という現象なのです。

しかし、この萎縮の度合いは、まさに人それぞれで、60〜70歳代ながら
 
ある程度の体積を保っている人もいれば、40〜50歳代でずいぶん萎縮が
 
進んでいる方もいらっしゃいます。

 

脳の萎縮を先送りするには、脳細胞のタンパク合成、核酸(DNA)合成が

順調に行われることが好ましいのです。

ビタミンB12は、タンパク合成と核酸(DNA)合成の両方に役立っている

ことが判っています。

 

また、ビタミンB12と葉酸、ビタミンB6の吸収が悪くなるとサビの原因物質

(ホモシステイン・活性酸素など)が増えるといわれています。

さらに、ビタミンB12は、葉酸をはじめとするビタミンB群、ミネラル、アミノ酸などの

栄養素と協力し合っているため一緒にバランスよく摂ることがとても重要です。

「環境農業新聞 より」

 

 

日時:2016年9月23日 PM 04:37
日々少しずつ進行する隠れ脳梗塞
隠れ脳梗塞は、年齢とともに誰にでも起こり得る 脳の老化現象の一つです。 脳をMRIで診断すると、実に40代の3人に1人、 50代の2人に1人、60代の8割以上に隠れ脳梗塞が あることが確認できるそうです。 しかし、予防に関しても大いに進歩し、症状が出る前の 病気の把握や予知により、初期の段階で、的確に予防 することが可能となってきています。   ◆◆ 日々少しずつ進行する隠れ脳梗塞 ◆◆   脳梗塞は、高血圧(血圧が高く、血管が痛む病気)や糖尿病(血液中のブドウ糖がふえて 血管が痛む病気)などの病気が原因となったり、生活習慣などによって血液が...
日時:2016年9月19日 PM 03:31
動脈硬化になる時期を、先送りすることを心がける
動脈硬化が起こる最大の原因は、 なんといっても「加齢」。 これは、誰もが動脈硬化の原因を持っている ということになります。 動脈硬化が「遅く起こるか」「早く起こるか」 という違いだけなのです。 ですから、「動脈硬化になる時期を、出来るだけ 先送りにする」ということが大切なのです。   ◆◆ 動脈硬化になる時期を、先送りすることを心がける ◆◆   「血管が衰えること」とは、いったいどのような状態なのでしょうか。   わかりやすく言うと、血管の衰えとは「動脈硬化」のことです。   動脈硬化とは、血管の弾力性が失われて硬...
日時:2016年9月16日 PM 02:26
脳梗塞を防ぐことは、元気な老後を送るうえで不可欠
   認知症の多くは、脳血管障害の積み重ねで起こり、  その原因の多くが脳梗塞です。  脳梗塞は、初期段階に数ミリ程度の微小な梗塞が  数個出現します。  これが隠れ脳梗塞と呼ばれるものです。  隠れ脳梗塞は早い人だと30代から表れ、  40代を過ぎると急に増加すると言われています。  脳梗塞・隠れ脳梗塞をはじめとする脳血管障害を  生活習慣病の一つと捉え、脳の血管を健康に保つ  生活を心がけましょう。       ◆◆ 脳梗塞を防ぐことは、元気な老後を送るうえで不可欠 ◆◆   201...
日時:2016年9月 1日 PM 04:30
健康寿命をのばすということ
「健康寿命」をのばす、という考え方。 健康寿命とは、一生のうちで、介護などを受けずに、 自立して日常の生活を送れる期間のことです。 生きている間は、自分の力で動き、 自分で身のまわりのことができ、 自分で食事をし、自分で思いを伝え、 生活を楽しみたい。 「健康な状態」で「長生き」することこそ、大切に!     ◆◆ 健康寿命をのばすということ ◆◆   「人間は血管とともに老いる」   これは、約100年前に、医学者のウイリアム・オスラー博士が言った言葉です。   言い換えれば、「血管を老いさせなければ死なない」とも...
日時:2016年8月26日 PM 03:13
イライラしたときは手首のタッピング、やる気を出したいときは薬指を揉む
  イライラしたり、焦ったときは、手首のタッピング。 どうにもやる気が出ないというときは、 薬指の第一関節のところを優しく揉んでマッサージ。 左右どちらの手でも、時間も好きなだけ。 「気持ちいいな、気分がよくなってきたな」 と感じるまででOKです。     イライラしたときは手首のタッピング、やる気を出したいときは薬指を揉む   イライラしたり、焦ったとき、簡単にできる対処法があります。 それは、手首のタッピングです。 腕の表側、手首から指3本分ぐらい上(肘側)のところを、 もう一方の手の指(人差し指と中指)で、 軽...
日時:2016年8月25日 PM 04:36
脳にはまだ知られていない「驚くべき力」がある
死んでしまった神経細胞は復元しないけれど、ほかの ルートで代用できれば、言葉がある程度話せるように なり、失語症もよくなっていくということです。 言語障害はその期間を過ぎても、新たなルートを 開拓できるわけですから、運動麻痺にもその可能性が ないとは言い切れないと考えられています。 脳科学の発達によって、さまざまなことがわかり、 新たな試みがされています。 可能性のあるかぎり、あきらめずに努力する、 ということが大事なのではないかと思います。   ◆◆ 脳にはまだ知られていない「驚くべき力」がある ◆◆   脳卒中は、脳の一部を壊してしまう...
日時:2016年8月 8日 PM 04:37
夏の脳梗塞予防は、上手な水分補給で
国立循環器病センターの調査によると、脳梗塞に限っては 夏のほうが多いことがわかっています。 そのおもな原因は、脱水症状です。 夏に多い脳梗塞は、脳の血管そのものが狭くなったり、 血栓ができたりすることで引き起こされる脳血栓症です。 脳血栓症は、脱水症状が引き金となって急に発症します。 高齢者に限らず、30〜50歳代の比較的若い世代でも、 発作におそわれて倒れることがあるので注意が必要です。     ◆◆ 夏の脳梗塞予防は、上手な水分補給で ◆◆   ■ 脳梗塞は夏に多い! 脳梗塞は夏に多いということを、ご存知でしょうか。 従来、脳梗塞や脳出...
日時:2016年7月 4日 PM 03:40
「腸」の健康が、きれいのもとを形づくる
腸の環境をよくすることが「自律神経美人」の第一歩 根本から美しく変身させてくれる1番目の鍵なのです。 腸は、とても精神的な影響を受けやすい器官です。 腸の状態が悪くなると、副交感神経の働きが下がり、 血管が収縮して、末梢まで血液が流れにくくなり、 心も体もますます調子が悪化して、肌アレやたるみ、 くすみなども引き起こしてしまいます。     ◆◆ 「腸」の健康が、きれいのもとを形づくる ◆◆ 近年、美容の世界でも、“インナーケア”ということが たいへん注目を集めています。 本当の美しさを得るためには、表面的なことよりもまずは イ...
日時:2016年5月15日 PM 04:08
簡単で効果的な指の爪もみ−免疫力を高める習慣術−
東洋医学では、爪のわきには「井穴(せいけつ)」という ツボがあり、それぞれの爪は体の各器官に対応している と言われています。日頃の生活では、どうしても交感神経が 緊張しがちです。結果的にリンパ球が減少し、血流障害が 生じてさまざまな病気を引き起こすことになりかねません。 簡単にできる「爪もみ」で、血流もよくなり、交感神経に 偏った自律神経を副交感神経優位にしてリンパ球をふやし、 免疫力を高めましょう。     ◆◆ 簡単で効果的な指の爪もみ−免疫力を高める習慣術− ◆◆ 免疫理論を共同研究した福田稔先生が提唱している「爪もみ」療法。 免疫力を高めるのに効...
日時:2016年4月10日 PM 04:15
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.