ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ



リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記


お知らせ

2014/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(火)〜1月4日(日)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月5日(月)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました


ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

ストレスは血管に三つの悪影響を及ぼす

2016.11.26.jpg

恐怖や不安などの精神的ストレスを強く感じると、交感神経が緊張して血管を収縮させるとともに、血液を固まりやすくする血小板の働きを活性化させ、粘性の高いドロドロ血液にします。それが慢性化すると、血管壁への刺激が強くなり、動脈硬化になるのです。さらに、ストレスは活性酸素も発生させ、動脈硬化を助長します。加えてストレスによりノルアドレナリンが分泌されると、血圧や心拍数が上がり、血管を収縮させます。そのため血管や心臓に負担がかかり、動脈硬化になりやすい体になるのです。

ストレスは血圧が上昇する、血液が固まりやすくなり血栓ができやすくなる。血管壁が損傷して不安定プラークを形成する。という三大悪影響をもたらします。

 

 

ストレスは血管に三つの悪影響を及ぼす

 

動脈硬化はあらゆる要因が引き金となって起こっています。

一見、ストレスとは関係なさそうに思えますが、密接に関係しているのです。

実際、2011年の東日本大震災後、急性冠症候群が増えたことが明らかになっています。

 

どうしてかというと、恐怖や不安などの精神的ストレスを強く感じると、

交感神経が緊張して血管を収縮させるとともに、血液を固まりやすくする

血小板の働きを活性化させ、粘性の高いドロドロ血液にするからです。

それが慢性化すると、血管壁への刺激が強くなり、動脈硬化になるのです。

さらに、ストレスは活性酸素も発生させ、動脈硬化を助長します。

加えてストレスによりノルアドレナリンが分泌されると、血圧や心拍数が上がり、

血管を収縮させます。

そのため血管や心臓に負担がかかり、動脈硬化になりやすい体になるのです。

ストレスは血圧が上昇する、血液が固まりやすくなり血栓ができやすくなる。

血管へ区が損傷して不安定プラークを形成する。

という三大悪影響をもたらします。

 

※ノルアドレナリン

別名「怒りのホルモン」ともいわれる神経を興奮させる神経伝達物質。

※不安定プラーク(破れやすいタイプ)

内部の「リピッドコア」と呼ばれる脂肪の塊が大きく“温泉卵”のように柔らかくてプルプル。

 

交感神経と副交感神経の主な働き

 

体の同じ器官に対して相反する作用をする「交感神経(活動、緊張・興奮、ストレスが

あるとき)」と「副交感神経(休息、睡眠、リラックスしているとき)」という、ふたつの自律神経が

バランスをとることで、健康維持ができています。

 

震災後の避難所生活で急増。ストレスからくる急性冠症候群

 

2011年3月の東日本大震災後、急性冠症候群が増加していたことが明らかになっています。

急性冠症候群とは、急性冠動脈閉塞により引き起こされる不安定狭心症、急性心筋梗塞、

心臓突然死といった心血管疾患の総称です。

震災後に多発した原因としては薬剤の欠乏、寒冷な気候、保存食からの塩分摂取の増加、

避難所生活などでのストレスや運動不足などが続き、交感神経の活性化により血圧や脈拍が

急上昇したことがあげられます。

さらに、冠動脈攣縮がプラーク破綻に関与していることも指摘されています。

被災地以外でも、繰り返し流された被災地の映像を目の当たりにした多くの人が心身への

緊張がかかり、動悸や不眠、不安、恐怖症状などの急性ストレス障害を発症したのです。

過度なストレスは、心筋梗塞や脳梗塞などの引き金になります。

震災後に血管疾患による突然死が増加したり、死に至らなくても血管疾患の患者数が

増えたりすることも明らかになりました。

「動脈硬化を予防する!最新治療と正しい知識 より」

日時:2016年11月26日 PM 04:15
動脈硬化とは“血管の老化”。体内のあらゆる場所で起こる
動脈硬化は、簡単にいえば“血管の老化現象”です。 血管の老化が加齢とともに進んでいくのは仕方のない ことですが、最近は若い人でも動脈硬化が進行している ケースが増えています。 動脈硬化の若年化によって、30〜40歳代で心筋梗塞や 脳卒中を発症する人も珍しくありません。 動脈硬化が進行しても、命に関わる血管事故を 起こすまで、ほとんど自覚症状がありません。 そのため、「サイレントキラー」と呼ばれ世界中で 恐れられています。     動脈硬化とは“血管の老化”。体内のあらゆる場所で起こる &nbs...
日時:2016年11月23日 PM 04:34
動脈硬化に効く「かかとの上下運動」
  動脈硬化は、生まれたときから始まっています。 この世に生を受けた瞬間から、心臓は休む間もなく動き続け、 動脈は全身に血液を送っています。ですから、動脈は年齢を 重ねるほど疲弊し、硬くなっていくのです。40歳を過ぎるころ にはどんな人の血管も多かれ少なかれ動脈硬化が起きています。 動脈硬化を防ぐには、なによりも食事に気を付けて、 よく歩くことが大事です。 加えて、お勧めしているのが「かかとの上下体操」です。 簡単な体操ですので、日常生活に取り入れてみては いかがでしょうか。     ふくらはぎを刺激して全身の血流を促し動脈硬化に...
日時:2016年11月22日 PM 02:00
脳の萎縮を食い止めるにはアセチルコリンの合成が重要
アルツハイマーの脳ではアセチルコリンが減少している ことから、アセチルコリン不足がアルツハイマーの ひとつの原因とも考えられています。   アセチルコリンの合成にはコリン、ビタミンB1、 ビタミンB12などがかかわっています。 同時にこれらの栄養をとることが、アセチルコリンを 増やすことにつながるわけです。 通常、コリンはレシチン(フォスファチジルコリン)の かたちで、食材から摂取されます。   また、レシチンをアセチルコリンに合成するには、 ビタミンB群が欠かせないため、同時にとることが 望ましいのです。     ...
日時:2016年10月18日 PM 04:48
欧州で広まる完全菜食主義の弊害
    お肉には、私達の体が必要とする必須アミノ酸が バランスよく豊富に含まれています。   それに匹敵するほど効率よく必須アミノ酸を   私達の体に提供できる野菜はありません。   また、ビタミンB12を含む穀類、イモ類、野菜、   果物、種実はありませんが、動物性食品以外   では、発酵食品、海苔に含まれています。   毎日の食事に加えるようにしまょう。   食事で重要な...
日時:2016年10月 6日 PM 03:14
ビタミンB12はどのような人に必要?
  ビタミンB12と葉酸、ビタミンB6の吸収が悪くなると サビの原因物質(ホモシステイン、活性酸素など)が 増えるといわれています。 さらに、ビタミンB12は、葉酸をはじめとするビタミンB群、 ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため 一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。     ◆◆ ビタミンB12はどのような人に必要? ◆◆   ビタミンB12は、アメリカのフォルカースなどによって、 1948年「悪性貧血予防因子」として決勝が分解され、 ビタミンB12と名づけられました。 1955年にX線に...
日時:2016年9月23日 PM 04:37
日々少しずつ進行する隠れ脳梗塞
隠れ脳梗塞は、年齢とともに誰にでも起こり得る 脳の老化現象の一つです。 脳をMRIで診断すると、実に40代の3人に1人、 50代の2人に1人、60代の8割以上に隠れ脳梗塞が あることが確認できるそうです。 しかし、予防に関しても大いに進歩し、症状が出る前の 病気の把握や予知により、初期の段階で、的確に予防 することが可能となってきています。   ◆◆ 日々少しずつ進行する隠れ脳梗塞 ◆◆   脳梗塞は、高血圧(血圧が高く、血管が痛む病気)や糖尿病(血液中のブドウ糖がふえて 血管が痛む病気)などの病気が原因となったり、生活習慣などによって血液が...
日時:2016年9月19日 PM 03:31
動脈硬化になる時期を、先送りすることを心がける
動脈硬化が起こる最大の原因は、 なんといっても「加齢」。 これは、誰もが動脈硬化の原因を持っている ということになります。 動脈硬化が「遅く起こるか」「早く起こるか」 という違いだけなのです。 ですから、「動脈硬化になる時期を、出来るだけ 先送りにする」ということが大切なのです。   ◆◆ 動脈硬化になる時期を、先送りすることを心がける ◆◆   「血管が衰えること」とは、いったいどのような状態なのでしょうか。   わかりやすく言うと、血管の衰えとは「動脈硬化」のことです。   動脈硬化とは、血管の弾力性が失われて硬...
日時:2016年9月16日 PM 02:26
脳梗塞を防ぐことは、元気な老後を送るうえで不可欠
   認知症の多くは、脳血管障害の積み重ねで起こり、  その原因の多くが脳梗塞です。  脳梗塞は、初期段階に数ミリ程度の微小な梗塞が  数個出現します。  これが隠れ脳梗塞と呼ばれるものです。  隠れ脳梗塞は早い人だと30代から表れ、  40代を過ぎると急に増加すると言われています。  脳梗塞・隠れ脳梗塞をはじめとする脳血管障害を  生活習慣病の一つと捉え、脳の血管を健康に保つ  生活を心がけましょう。       ◆◆ 脳梗塞を防ぐことは、元気な老後を送るうえで不可欠 ◆◆   201...
日時:2016年9月 1日 PM 04:30
健康寿命をのばすということ
「健康寿命」をのばす、という考え方。 健康寿命とは、一生のうちで、介護などを受けずに、 自立して日常の生活を送れる期間のことです。 生きている間は、自分の力で動き、 自分で身のまわりのことができ、 自分で食事をし、自分で思いを伝え、 生活を楽しみたい。 「健康な状態」で「長生き」することこそ、大切に!     ◆◆ 健康寿命をのばすということ ◆◆   「人間は血管とともに老いる」   これは、約100年前に、医学者のウイリアム・オスラー博士が言った言葉です。   言い換えれば、「血管を老いさせなければ死なない」とも...
日時:2016年8月26日 PM 03:13
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.