ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ



リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記


お知らせ

2014/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(火)〜1月4日(日)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月5日(月)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました


ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

歩くなら早朝よりも夕方!週2回、1日20分のウォーキング

2017.1.9 (2).jpg

 ウォーキングはジョギングに比べて、

 心臓への負担を減らせ、

 膝や腰にかかる衝撃などが少ないため

 体にやさしい有酸素運動です。

 継続できる時間帯がベストですが、

 血管事故が起こりやすい早朝よりも夕方、

 脂肪は空腹で運動したほうが効率的に燃焼するため、

 食前のほうがよいでしょう。

 

歩くなら早朝よりも夕方!週2回、1日20分のウォーキング

 

血管を柔らかくしなやかに保つために、

「週2回、1日20分のウォーキング」をすすめています。

それ以上の回数・時間を行えるのであれば、

それに越したことはありませんが、

週2回、1日20分の有酸素運動で十分だと考えています。

 

有酸素運動にはジョギング、水泳、エアロビクス、ゴルフなどもありますが、

手軽に実行できるのはウォーキングでしょう。

有酸素運動を行うとブラジキニンという物質が分泌されるとともに、

一酸化窒素の生産も増加して血管が拡張するのです。

その結果、血管の抵抗がなくなり、末梢の血液循環がよくなり、

血圧が下がります。

 

ウォーキングは、継続できる時間帯がベストですが、

血管事故が起こりやすい早朝よりも夕方、

脂肪は空腹で運動したほうが効率的に燃焼するため、

食前のほうがよいでしょう。

天気の悪い日や体調が優れない日は休みましょう。

 

ウォーキングの効果

 

ウォーキングはジョギングに比べて、

心臓への負担を減らせ、

膝や腰にかかる衝撃などが少ないため

体にやさしい有酸素運動です。

いろいろな健康効果をもたらしますが、

血管に対しては、

次の6つがあげられます。

 

《ウォーキングの6大効果》

 

1. 血液循環がよくなる

2. ミルキングアクションが活性化する

3. 血管が拡張して血圧が下がる

4. 内臓脂肪が燃焼する

5. 新しい血管が増える

6. 食後血糖値が下がる

 

息が切れず。

笑顔で鼻歌が歌えるくらいのペース!

胸を張り、背筋を伸ばし、

歩幅を広げ、テンポよく!

 

※ふくらはぎのミルキングアクション

心臓は血液循環のポンプ役ですが、ふくらはぎ(腓腹筋)も

ポンプ約として働きを果たしています。

心臓は血液を全身に押し出す働きはあっても、

下半身の静脈の血液を吸い上げる機能はありません。

そこで活躍するのがミルキングアクション(乳搾り作用)です。

ふくらはぎを中心とした筋肉の収縮によって、

下半身の静脈の血液が心臓へ環流するのを助ける働きです。

ふくらはぎが「第二の心臓」といわれるゆえんです。

運動によってふくらはぎの筋肉が収縮すると、周囲の血管が圧迫されて、

静脈の血液が上へ上へと押し出されます。

これを繰り返すことで、バケツリレーのように血液を心臓に還流させるのです。

ミルキングアクションによって末端から心臓へ戻る血液の流れがよくなると、

全身の血液循環が活性化して血圧が下がります。

「動脈硬化を予防する!最新治療と正しい知識 より」

日時:2017年1月 9日 PM 04:18
健康長寿の秘訣は“脚”にあり!ふくらはぎのミルキングアクション
  ミルキングアクション(乳搾り作用)は、ふくらはぎを中心とした筋肉の収縮によって、下半身の静脈の血液が心臓へ環流するのを助ける働きです。 「第二の心臓」といわれるふくらはぎは、筋肉が伸び縮みするとことで筋ポンプの作用が働き、血管に圧力をかけ、血液の流れをスムーズにしています。 筋ポンプ作用が弱くなると、血液が上方向へいくことができず血流が悪くなってしまいます。     健康長寿の秘訣は“脚”にあり!ふくらはぎのミルキングアクション   心臓は血液循環のポンプ役ですが、ふくらはぎ(腓腹筋)も ポンプ役とし...
日時:2017年1月 9日 PM 03:51
せっかちな性格は、心筋梗塞を起こしやすい
 あなたはせっかちな性格ではありませんか?  血管や心臓にストレスなどの悪影響を与える性格や  行動パターンには、次のような特徴があります。  当てはまるものをチェックしてみましょう。  心筋梗塞は、働き盛りに頻発し、社会的な損失も  大きいので、家庭でも職場でも責任ある立場の人は  十分注意するようにしましょう。     せっかちな性格は、心筋梗塞を起こしやすい   性格と血管の関係を指摘したのは、アメリカの心臓病科学者である マイヤー・フリードマンとレイ・ローゼンマン。 彼らは3000人以上の男性を対象に調査した結果、 心筋...
日時:2017年1月 3日 PM 04:24
9〜10時は“魔の時間帯”。就寝前と起床時にコップ1杯の水
血管事故が起こりやすい“魔の時間帯”。 それは、起床後2時間以内。 起床とともに交感神経の活動が盛んになるため血圧は急激に上昇し、負担がかかって血栓ができやすくなります。 また、睡眠中の寝汗などで体の水分が失われ、脱水症状になっています。 心筋梗塞や脳梗塞を防ぐために、就寝前と起床後に水をコップ1杯飲みましょう。   9〜10時は“魔の時間帯”。就寝前と起床時にコップ1杯の水   水分を十分とらずに脱水症状になるとドロドロ血液となって、 心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まります。 脳梗塞で倒れる原因は減...
日時:2016年12月26日 PM 05:11
激怒は血管のストレス、適度な怒りはストレス発散になる
日々蓄積されるストレスは心身に大きな影響を及ぼします。重要なのはストレスは回避するのではなく、上手に解消してストレスをため込まない、ということ。次の「三つのR」を意識して、ストレスを上手に解消しましょう。 ストレスをためない「三つのR」 Rest(レスト):休息・休養 Recreation(レクリエーション):趣味 Relaxation(リラクセーション):リラックス     激怒は血管のストレス、適度な怒りはストレス発散になる   動脈硬化を予防・改善する生活習慣のうち、ストレス対策がもっとも難しいでしょう。 恐怖や不安、緊張といった...
日時:2016年12月24日 PM 03:39
血管事故を防ぐ入浴法は?
  38〜41度程度の自分で快適に感じる温度の湯につかると、リラックスして副交感神経が優位になり、血管が拡張します。しかし、43度以上の熱い湯は刺激が強く、交感神経が興奮して血管が収縮し、血圧が上がりやすくなります。熱い湯は、血液を固める血小板の働きが活発化して血栓ができやすくなります。長時間熱い湯につかっていると、汗をかいて脱水状態になってドロドロ血液になります。 半身浴は、風邪をひいてしまうこともあるので冬場は控えるほうが無難です。入浴の前後にはコップ1杯の水分補給をしましょう。     お風呂はぬるま湯で血管を開く!熱い湯、長湯は血管にダメ...
日時:2016年12月20日 PM 04:39
寒い日は、首の頸動脈を温めるマフラーは必需品
  ご高齢の家族を持つ人は、入浴時は声をかけ合うことも重要です。動脈硬化、不整脈、高血圧、糖尿病などの人も、ヒートショックの影響を受けやすいので注意が必要です。 冬場の外出時には、コート、帽子、マフラー、手袋を着用し、寒暖差に対する体の負担を軽減しましょう。家の中で装着してから外出すれば、血管の中の血液が急に冷やされないので、血管にストレスをかけずにすみます。 居間から浴室、寝室からトイレへの移動には、首と足を冷やさないように、浴室全体を温めるなどの工夫をしましょう。     急激な寒暖差にご用心!ヒートショックが突然死をまねく  ...
日時:2016年12月15日 PM 04:17
100歳まで切れない、詰まらない、タフな血管をつくる
  動脈硬化の危険因子は遺伝的な要因もありますが、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙、ストレスといった、いずれも毎日の生活習慣と密接にかかわっています。 そのため生活習慣を改善することで、血管年齢は若返らせることが可能なのです。 動脈硬化とは“血管の老化”ですから、血管が硬くなることは防ぎようのない自然現象なのですが、血管が硬くても、健康長寿を実践している元気な人たちはたくさんいます。     100歳まで切れない、詰まらない、タフな血管をつくる   血管年齢は基本的に加齢とともに高くなっていくのが普通です。...
日時:2016年12月13日 PM 04:15
ストレスは血管に三つの悪影響を及ぼす
恐怖や不安などの精神的ストレスを強く感じると、交感神経が緊張して血管を収縮させるとともに、血液を固まりやすくする血小板の働きを活性化させ、粘性の高いドロドロ血液にします。それが慢性化すると、血管壁への刺激が強くなり、動脈硬化になるのです。さらに、ストレスは活性酸素も発生させ、動脈硬化を助長します。加えてストレスによりノルアドレナリンが分泌されると、血圧や心拍数が上がり、血管を収縮させます。そのため血管や心臓に負担がかかり、動脈硬化になりやすい体になるのです。 ストレスは血圧が上昇する、血液が固まりやすくなり血栓ができやすくなる。血管壁が損傷して不安定プラークを形成する。という三大悪影...
日時:2016年11月26日 PM 04:15
動脈硬化とは“血管の老化”。体内のあらゆる場所で起こる
動脈硬化は、簡単にいえば“血管の老化現象”です。 血管の老化が加齢とともに進んでいくのは仕方のない ことですが、最近は若い人でも動脈硬化が進行している ケースが増えています。 動脈硬化の若年化によって、30〜40歳代で心筋梗塞や 脳卒中を発症する人も珍しくありません。 動脈硬化が進行しても、命に関わる血管事故を 起こすまで、ほとんど自覚症状がありません。 そのため、「サイレントキラー」と呼ばれ世界中で 恐れられています。     動脈硬化とは“血管の老化”。体内のあらゆる場所で起こる &nbs...
日時:2016年11月23日 PM 04:34
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.