ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ



リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記


お知らせ

2014/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(火)〜1月4日(日)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月5日(月)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました


ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

認知予備脳―脳は使わないと衰える

2017.5.21.jpg

脳や神経が働くときは、神経線維同士の間を情報伝達物質

というものが行き来します。

ニューロン同士が情報伝達を行うこと、つまり神経機能的連絡を

行うためには、新経路の交差点ともいうべきものが必要であり、

この交差点をシナプスと言います。

シナプスが豊富できちんと機能している場合、

脳や神経の働きはよくなります。

このシナプスは、歳をとっても増加し、

より成熟した結合が進行するとされています。

 

認知予備脳―脳は使わないと衰える

 

□死滅した神経細胞の働きは十分カバーできる

□使っていない脳を呼び覚ますのは若い頃からの活動的な生活

 

脳の予備能力を最大限に生かすには

 

皮膚や筋肉などの細胞には“再生能力”があります。

たとえば指にケガをしてしまっても、小さい傷であれば、

いつの間にか治癒して元通りになります。

ところが、脳の神経細胞の場合は、そうはいきません。

いったん神経細胞にダメージを受けると、

その細胞の再生はきわめて難しいのです。

いったん認知症を発症してしまうと完治させることができないのは、

そういう理由からです。

 

しかし、一生のうちで使われる脳の機能は20%程度です。

脳にゴミが溜まって神経細胞が死滅してしまったとしても、

残りの80%の機能を活用すれば、認知症を発症せずに済むと考えられます。

つまり、脳の神経細胞には、再生能力がない代わりに、

それを補って余りある“代償能力”が備わっているのです。

 

脳の神経細胞の代償能力が働くシステム――これが「認知予備能」です。

 

認知症の治療法と予防に関する研究の過程で、高齢で亡くなった人たちの脳を

調べたところ、アルツハイマー型認知症に特徴的な脳の萎縮が起きていた場合でも、

認知症を発症していない人がいることが分かりました。

さらに、その人たちの生前の暮らしぶりについて調べたところ、

身体活動をはじめ、生活全般が非常に活発だったのです。

ちなみに、脳に同じような特徴があって認知症を発症していた人は、

活発な生活をしていなかった人が多いという研究結果も出ています。

 

脳は使えば使うほど開発される!

 

これらの事例から、認知症にならなかった人たちの脳では、

神経細胞が傷ついてしまっても、認知予備能が十分に機能していた

という仮説が成り立ちます。

つまり、活発な生活をしていれば、脳に溜まるゴミやシミに

打ち勝つことができると言えるのではないでしょうか。

 

脳を使えば使うほど、神経伝達物質は活発に働き、神経細胞同士の

ネットワーク化が盛んになります。

歩くときも、話すときも、脳では、あちこちの部分がネットワークを巡らせ、

連動し合っているのです。

 

脳にゴミが溜まるのを防いで、認知症の発症を遠ざけるには、

「認知予備能」をできるだけ働かせることが重要です。

「認知症にならない人がやっている脳のゴミ掃除 より」

 

*******************************************

 

脳や神経が働くときは、神経線維同士の間を情報伝達物質というものが行き来します。

ニューロン同士が情報伝達を行うこと、つまり神経機能的連絡を行うためには、

新経路の交差点ともいうべきものが必要であり、この交差点をシナプスと言います。

シナプスが豊富できちんと機能している場合、脳や神経の働きはよくなります。

このシナプスは、歳をとっても増加し、より成熟した結合が進行するとされています。

ビタミンB12は、シナプス形成に重要な栄養成分です。

 

また、認知症の3割〜5割を占めるアルツハイマー病の場合は、脳細胞が萎縮する病気です。

この萎縮を食い止めるためには、脳細胞を生成するためのタンパク合成、核酸(DNA)合成が

順調に行われる必要があるのです。

ビタミンB12は、タンパク合成と核酸(DNA)合成の両方に深く関わっています。

新しい核酸、タンパク質が生まれ、それによって細胞も新しく生まれ変わり、

「こわれた組織、細胞」と「新生の組織、細胞」が入れ替わります。

その結果若さにもつながると考えられます。

アルツハイマー型認知症の方々の脳脊髄中にはビタミンB12が少ないことが確認されています。

日時:2017年5月21日 PM 05:19
認知症予防にはイタリアン!?
アルツハイマー型認知症は、20年以上もの長い時間をかけて、脳の中に“老人斑”が溜まっていくことによって発症します。 高齢になり、もの忘れの兆候が見られるようになってから、慌ててイタリア料理やスペイン料理を食べても、すでに始まっている認知症の進行を止めることはできません。 若い頃から、地中海食のような食事を意識して食べるような食スタイルを実践することが大切なのです。 厚生労働省でも、認知症を含む生活習慣病の予防のために、この地中海食に注目し、日本人の健康的な食事のお手本にすることを提案しています。   認知症予防にはイタリアン!?  ...
日時:2017年5月18日 PM 04:32
65歳以上になったら、タンパク質をしっかり摂る
  血糖値の乱高下を繰り返すと、インスリンの分泌が追いつかなくなり、糖尿病を悪化させる要因となります。 血糖が血管を傷つけて動脈硬化を招き、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高めるだけでなく、脳の神経細胞にもダメージを与えます。 また、高齢になると、痩せすぎや栄養の偏りが認知症のリスクになることもあります。 高齢になるほど、炭水化物だけでなく、あらゆる細胞や筋肉の材料になるタンパク質を、しっかり摂る必要があることを覚えておきましょう。   65歳以上になったら、タンパク質をしっかり摂る   □1日3回、規則正しく食事を摂ることを心がける □食事は...
日時:2017年5月16日 PM 03:39
認知症は“脳の生活習慣病”
脳の神経細胞の栄養源として、ブドウ糖は不可欠なものですが、 増えすぎると私たちの体にとっては害を及ぼすものとなります。 糖尿病は、全身の血管にダメージを与えます。 太い血管が障害されると「心筋梗塞」「脳卒中」という生命に関わる 合併症につながりますが、細い血管にも血行障害が起きるため、 「網膜症」「腎症」「神経障害」を引き起こします。 いわゆる“三大合併症”です。 最近は、これらに加えて「認知症」と「歯周病」も、糖尿病の合併症と 見なされるようになりました。   認知症は“脳の生活習慣病”   ...
日時:2017年5月11日 PM 02:08
「認知症」と「もの忘れ」は別のもの!?
    認知症は、加齢による「もの忘れ」と区別がつきにくいこともありますが、いくつかのポイントを確認しながら観察すると、その違いが分かります。 「もの忘れ」は加齢による老化現象 確かに、記憶障害は認知症の代表的な症状ですが、年を重ねていけば、誰でも忘れっぽくなります。 「もの忘れ」は、体験したことの部分的な細かい記憶を忘れますが、「認知症」の記憶障害は、体験そのものの記憶が丸ごとなくなってしまいます。 同じ記憶障害でも、「もの忘れ」と「認知症」では、まったく性質が異なるものなのです。     「認知症」と「もの忘れ」は別のもの!...
日時:2017年5月 9日 PM 04:09
イライラしやすいときは、糖分やビタミンB12が不足しているかもしれません
  私たちの脳の中で司令塔のような役割をしている セロトニン神経という神経細胞が弱ってきており、 軽い不調からうつ病、パニック症候群、さまざまな 依存症などを引き起こす原因になっています。 この現象は大人から子どもまで老若男女に 広がっています。 セロトニン神経は、日を浴びることや意識した呼吸、 簡単な運動をすることなど日常生活に少し工夫を加える ことによって鍛えることができます。       イライラしやすいときは、糖分やビタミンB12が不足しているかもしれません   新しい生活パターンへの対応、 とく...
日時:2017年5月 3日 PM 05:01
うつ病が起こる要因
  ストレスは、本来は「体や心にかかる刺激や負荷」 を指す言葉です。 病気や不快な出来事はもちろんストレス(負荷)になりますが、 それ以外の、「昇進、結婚、出産、引っ越し、子どもの独立」 などの「変化」も、刺激という点でストレスになりえます。 こうしたきっかけでうつ病が起こる場合があることも、 知っておいてください。     うつ病が起こる要因   《脳の仕組みとストレスの関係がわかりつつある》   うつ病がなぜ起こるのか、その原因やメカニズムについては、 現在も研究が行われています。   脳は、無数の...
日時:2017年4月26日 PM 05:25
脳や神経に不可欠なビタミンB12 栄養化学研究所所長 村上幸雄
  数々のユニークさを持つことから、ビタミンB12に着眼し、40年以上研究を続けてきました。その結果、ビタミンB12は作用の点でも、ほかに類を見ないビタミンであることがわかりました。 ビタミンB12は、もともと悪性貧血を防ぐビタミンとして知られています。それと同時に、脳神経系への働きにも深くかかわっています。 元京都大学医学部の亀山正邦教授は、健康な高齢者の脳と比較して、認知症の方の脳では、含まれるビタミンB12が4〜6分の1に低下していたと報告しています。     脳や神経に不可欠なビタミンB12 栄養化学研究所所長 村上幸雄 ビタ...
日時:2017年4月25日 PM 04:54
注意したいうつ病の症状
    うつ病は、最近急増しています。 その背景には、かさむ過重労働、「勝ち組」や「負け組」 などの言葉に象徴される競争社会のプレッシャーなど、 さまざまなことが関係していると考えられます。 本人も周囲も、うつ病について正しく理解し、 早期に医療機関を受診しましょう。 そして、正しい診断による治療を、焦らず行うことが大切です。     注意したいうつ病の症状   《気持ちの変化が行動にも現われる》    うつ病では、さまざまな精神症状が現れます。   「悲しい」というより「むなしい」    うつ病の症状は...
日時:2017年4月22日 PM 04:30
老化を感じ始めたら脳と神経のビタミン
  動脈硬化は年齢とともに発症しやすくなり、50代になるとほとんどの人(女性は60代から)に動脈硬化が見られるようになります。 老化物質(ホモシステイン)が動脈の壁に沈着すると、酸化される過程で血栓を引き起こし、血管を傷害して動脈硬化を引き起こすのです。また活性酸素と一緒になり、脂肪やLDLの過酸化、血管内皮細胞や血管の平滑筋の異常を引き起こします。 その結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の危険性が高まるといわれています。   老化を感じ始めたら脳と神経のビタミン   今から60余年前、アメリカの月刊誌『リーダーズダイジェスト』は、 &ldq...
日時:2017年4月15日 PM 02:35
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.