ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ



リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記


お知らせ

2014/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(火)〜1月4日(日)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月5日(月)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました


ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

脳梗塞は10度以上の急激な温度差は危険

2017.12.8.jpg

冬場、暖房の効いた温かい部屋から戸外へ出る場合は、皮膚の血管が急速に収縮して血液が一気に心臓に戻ってくることがあります。すると、血圧の急激な上昇を招いて動脈硬化や隠れ脳梗塞の原因となります。これを防ぐため、外出前に5分程度、軽いストレッチなどを行うことをおすすめします。全身の筋肉がやわらかくほぐれ、筋肉中の血管を広げて血流がよくなります。これにより、血圧の急激な上昇を抑えることができます。

冬の寒い夜中に高齢者がトイレで脳梗塞の発作を起こすことがありますが、がまんしたあとの急激な排尿は血圧が低下して脳卒中の引き金となります。

そのほか、入浴時、寒いお風呂で脱衣をすると急激な温度変化をもたらし、危険です。

 

 

脳梗塞は10度以上の急激な温度差は危険

 

脳梗塞は、室内外の温度差が10度を越えると、急激に増えることがわかっています。

脳梗塞の発作はもともと寒い冬に多く、夏に急増するようになったのはエアコンが

普及して室内と室外の気温差が大きくなったことと無関係ではありません。
 

つまり、暑い夏でも室内は人工的には冬のような状態に置かれ、

エアコンで室温が低下した部屋から暑い屋外へ出るとき、

血管は拡張と収縮をくり返し、次第に細く、詰まりやすくなってしまうのです。
 

夏の外気温が30度なら室温は25度程度に設定するようにし、

外気温との温度差が激しいデパートやビルなどに入るときは、

直前に温かいお茶や紅茶、コーヒーを飲んでおくようにします。

温かい飲み物は、それ自体の熱が血管を広げ、血圧の急激な上昇を防いで

温度変化にスムーズに対応することができます。
 

室内は、季節を問わず温暖な安定した室温を保つようにし、

風通しをよくしてやや乾燥気味にすると快適です。

とくに夏場は、同じ室温でも湿度が低いほうが熱が発散しやすく、

体感温度が低く感じられるようです。
 

また、寒い冬でも油断は禁物です。

冬場、暖房の効いた温かい部屋から戸外へ出る場合は、

皮膚の血管が急速に収縮して血液が一気に心臓に戻ってくることがあります。

すると、血圧の急激な上昇を招いて動脈硬化や隠れ脳梗塞の原因となります。
 

これを防ぐため、外出前に5分程度、

軽いストレッチなどを行うことをおすすめします。

全身の筋肉がやわらかくほぐれ、筋肉中の血管を広げて血流がよくなります。
 

これにより、血圧の急激な上昇を抑えることができます。
 

ところで、冬の寒い夜中に高齢者がトイレで脳梗塞の発作を起こすことがありますが、

がまんしたあとの急激な排尿は血圧が低下して脳卒中の引き金となります。

尿意を感じたらがまんしないですぐに排泄するようにし、

急激な温度差を感じないように注意しましょう。

便秘が続いたりしたあとの急激な排泄も、同様に血圧の変化をもたらします。
 

そのほか、入浴時、寒いお風呂で脱衣をすると急激な温度変化をもたらし、危険です。

寒い浴室での脱衣は避け、温かくしてから行うようにし、

お湯の温度は38度程度に設定してゆったりとつかるようにします。
 

≪安全な入浴のしかた≫

・ 脱衣は暖かい場所で

・ 着衣したまま湯かげんをみる

・ かけ湯をしてから湯船に入る

・ ぬるま湯にゆっくりつかる

「自分で見つけて治す隠れ脳梗塞 より」

日時:2017年12月 8日 PM 03:33
【食事認トレ8】「外食比率低減トレーニング」で減塩を楽しむ
塩分のとり過ぎは高血圧を引き寄せ、血管の状態を悪化させて認知症発症の危険性をも引き上げてしまいます。 外食ではなく自宅で料理をする比率を増やし、外食をするときにもできれば「和食」か「和食に近いもの」を食べる頻度を多くすることで、病的な高血圧に陥るのをできる範囲で防いでいきましょう。注文する料理も、できるだけ味付けが薄めのものを頼むようにすると、「ちりも積もれば山となる」で、長期的には大きな違いを生むはずです。 みんなでワイワイと楽しく料理をつくったり、料理を持ち寄り楽しみながら複数で食事をするなど工夫をすることで、コミュニケーションの機会も増え、外食の比率を減らしながら効率的に認知...
日時:2017年11月12日 PM 04:52
【食事認トレ7】昼間は糖分を補給できる「朝晩の砂糖カット」
血糖値には「暁現象」と呼ばれる数値の日内変動があり、夜中の3〜4時ごろから分泌量が増える成長ホルモンの影響を受け、明け方にかけて次第に血糖値が上がっていきます。これを受けて、血糖値が高くなりすぎないように抑えるインスリンが、午前4〜8時ごろに多く分泌されます。インスリンは血液中の余分な糖分を脂肪に変えて血糖値を下げるために、この時間帯に甘いものを食べると、肥満やメタボなどの生活習慣病になりやすくなって、間接的に認知症も引き寄せてしまうのです。 また、夕方6時ごろから深夜2時くらいにかけて、食物から脂質を取り込んで脂肪として溜め込みやすくする「ビーマル1」というタンパク質が、多く合成さ...
日時:2017年11月10日 PM 05:10
【食事認トレ6】和食以外なら「カレー&地中海式食生活」
インドは認知症の発症率が低い国のひとつとして知られています。これは、カレーの主要なスパイスとして使われるターメリック(ウコン)に、クルクミンという微量栄養素が含まれていることに着目した推測です。クルクミンは動物実験で記憶力の改善や、認知症の原因物質とも目されるベータアミロイドの神経細胞への沈着を防ぐ効果が確認されています。 また、現に「抗認知症薬」として使われている薬の含有成分にもなっており、この薬は認知症の症状改善や発症の遅延に一定の効果を示すことが証明されたうえで、医療機関で使用されています。 シンガポールでの研究ですが、実際に頻繁にカレーを食べる人と、滅多に食べない人を比較し...
日時:2017年10月20日 PM 05:09
【食事認トレ5】血糖値急上昇を避ける「主食はごはん・そば優先」
  慢性的な食べ過ぎのほかにも、食後などに急激に血糖値が上昇し、その後、インスリンが大量に分泌されて一気に低血糖状態にまで至るといった激しい血糖値の上下運動があると、そのことによっても糖尿病になりやすいことが近年わかってきています。 主食にパンや小麦粉を使っためん類ばかりを食べていると、この危険性が高まってしまうのです。 また、糖尿病と認知症は直接関係がないように思えるかもしれませんが、実は大いに関係があり、糖尿病の患者さんでは健康な人に比べて、何倍も認知症を発症しやすいことが知られています。     【食事認トレ5】血糖値急上昇を避ける「主食...
日時:2017年10月17日 PM 04:44
【食事認トレ4】「調理油の確認&変更」でも脂質バランス改善
植物性の油でありながら、魚の油と同じω-3系の脂肪酸に分類されるエゴマ油やアマニ油、シソ油の3種類の油は、魚を食べなくても認知症や生活習慣病を予防する効果を期待できるので、特に魚が嫌いな人にとっては、ぜひとも日常的に使いたい油と言えます。 多少高価なため、普段の調理用の油として使用するのではなくて、調味料代わりとして使用したり、少し魚くさい風味が気にならないように食材に混ぜるなどして使うのがお勧めの使用法です。 たとえばドレッシング用の油として使ったり、青菜のおひたしにかけて使用するなどすれば、効果的に脂質のバランス改善が実現できるはずです。   &nbs...
日時:2017年10月16日 PM 04:20
【食事認トレ3】「おかずは魚優先」で脂質バランスを改善
脂質は、脳の神経細胞をはじめ全身の細胞の細胞膜や、DNAをつくる際に必要とされる材料です。ダメージを負った細胞を修復するときにも使われます。 ですから、摂りすぎにも問題がありますが、摂取量を減らしすぎることにも問題があります。 日々の食生活の中で適度な摂取量を維持しながら、身体によい脂質とあまりよくない脂質のバランスを、よいほうに傾けることが重要となります。 また、認知症をはじめとする生活習慣病を予防するには、高齢であればあるほど良質なタンパク質の摂取が必要となります。   【食事認トレ3】「おかずは魚優先」で脂質バランスを改善   ■脂質は摂取量を減...
日時:2017年10月13日 PM 02:50
【食事認トレ2】ボケ予防に理想的な「毎日納豆トレーニング」
和食の食事に、毎日1パックの納豆を食べるようにすれば、それだけで認知症予防にほぼ理想的な食事となります。大豆に含まれているレシチンという成分は、脳内で記憶力や学習能力を高めるアセチルコリンという神経伝達物質の材料になり、脳細胞の破壊を防いで認知症を予防する効果が期待されています。動脈硬化の予防効果もあるため、生活習慣病全般の予防にもつながります。 また、大豆を納豆菌で発酵させるときにつくられるナットウキナーゼという酵素には、血管に沈着している悪玉コレステロールや中性脂肪を溶かし、血栓を防いで血圧を下げる高い効果があると考えられています。ですから本当は1日1パックどころか、3食すべて食...
日時:2017年9月19日 PM 04:08
【食事認トレ1】高齢者こそ求められる「高タンパク型素食生活」
一般に「粗食」と言うと、過激なダイエットのように急激に食事量や摂取カロリーを減らす人が少なくありませんが、高齢であっても年齢に応じた適度な食事量は必須です。 「粗食=量が少ない」という認識ではなく、「粗食=不必要なものは摂りすぎない」という認識に切り替えてください。 また、粗食とはいえ減らさなければならないものばかりではありません。不必要なものは摂りすぎないということは、逆に必要なものは積極的に食べていくべき、ということです。 具体的には、良質なタンパク質については今よりもむしろたくさん食べるようにしたほうが、認知症の予防に役立ちます。     【食事認...
日時:2017年9月12日 PM 04:04
認知症は「生活習慣病の終着駅」。だから、予防するには食生活の改善も必須!
生活習慣病を持っている患者さんでは、突然死を招く脳卒中や心筋梗塞などの怖い病気が発症しやすいことがよく知られています。 実はそれと同じように、糖尿病や高血圧、脂質異常症、肥満、メタボなどの生活習慣病を持っている患者さんでは、健康な状態の人より認知症の発症リスクが高まります。 認知症は「アルツハイマー型認知症」「脳血管性認知症」「レビー小体型認知症」「その他のタイプの認知症」の4つに大きく分けられますが、このうち、全体の2割程度を占める脳血管性認知症は、脳内での梗塞や出血が直接の原因となって発症する認知症です。 ですから、血管性認知症に限って言えば、脳梗塞や心筋梗塞と発症のメカニズ...
日時:2017年9月11日 PM 04:57
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.