ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ



リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記


お知らせ

2014/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(火)〜1月4日(日)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月5日(月)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました


ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

古くて新しい栄養素「ビタミンB群」の可能性

2019.6.11.jpg

ビタミンBの種類によって脂質の酸化を防ぐ段階が違い、少しずつ時間をずらしながら、相互に協力し合っていることがわかってきたのです。

酸化とは、いってみれば体内をサビつかせることであり、老化の原因といわれています。しかし、酸化そのものは人体にとって必要なことなのです。もちろん、酸化が続いてしまうのはよくないことであるのは間違いありません。

ただ、急性期は酸化をさせないといけないこともあります。それがこの反応なのです。

また、ビタミンB群は、脂質代謝を改善する作用があるのと同時に、糖化抑制作用もあわせ持っています。

 

 

古くて新しい栄養素「ビタミンB群」の可能性

 

ビタミンB群は、ストレスや飲酒、糖質のとりすぎなどで

大量に消費されてしまいます。

 

これまでも神経伝達物質の合成に深くかかわっていること、

代謝ビタミンとしての役割があるなど、重要視されてはきました。

そして今、ビタミンB群は、古くて新しい栄養素として

再び注目されています。

 

ビタミンB群についておさらいすると、ビタミンB1、B2、B6、B12、

ナイアシン(B3)、パントテン酸、葉酸、ビオチンの総称です。

水溶性のビタミンでおもに補酵素として働くため、

かつては少量で十分と思われていた栄養素の代表でした。

 

ビタミンBが、「B群」としてとらなくてはならない

といわれている1つの理由は、

人間のエネルギーをつくり出すTCA回路(クエン酸回路)を回す

重要な役割があるからです。

 

そして最近になって、ビタミンB群は脂質の酸化を防止している

(脂質の抗酸化作用)ということもわかってきました。

抗酸化作用とは、炎症が起こったときに働く

活性酸素に対抗する作用のことです。

 

今まで脂質の抗酸化については、ビタミンEなどの

脂溶性ビタミンの働きが主ではないかと考えられていたのですが、

なんと水溶性ビタミンであるビタミンB群も脂質の酸化を

防いでいたのです。

 

しかも興味深いのは、時間の経過によって酸化の反応が違うことです。

ビタミンB1、B2、ナイアシン、葉酸は最初の1週間はむしろ、

脂質の酸化を促進させる。

そして2週間めは停滞状態で、

3週間めになって脂質の酸化を抑制しはじめるのです。

つまり、最初は酸化を促進して、後半は酸化を抑制している。

 

そしてB12は、1〜2週間目は酸化の抑制作用がないが、

3週目になると急に酸化を抑制しはじめる。

さらにB6は、初期から酸化を抑制している。

 

このように、ビタミンBの種類によって脂質の酸化を防ぐ段階が違い、

少しずつ時間をずらしながら、

相互に協力し合っていることがわかってきたのです。

酸化とは、いってみれば体内をサビつかせることであり、

老化の原因といわれています。

しかし、酸化そのものは人体にとって必要なことなのです。

 

もちろん、酸化が続いてしまうのはよくないことであるのは

間違いありません。

ただ、急性期は酸化をさせないといけないこともあります。

それがこの反応なのです。

まさに、人体の神秘、神の御業というしかありません。

 

さらに、ビタミンB1、B6は、抗酸化だけではなく、

同時に「抗糖化」、つまり糖化を抑制する作用がある物質

としても注目されています。

 

難治性の統合失調症の患者さんの約25%に、

ひどく糖化が進んでいる人たちがいることがわかっており、

同時にその人たちの血中ビタミンB6の数値が

極めて低いことがわかっています。

そこで今、通常の統合失調症の治療で、

ビタミンB6を補充するということが

トライアルとしてなされています。

 

このようにビタミンB群は、

脂質代謝を改善する作用があるのと同時に、

糖化抑制作用もあわせ持っています。

今後の抗酸化アプローチにおいて、

中心的存在の栄養素となる可能性が期待されています。

「「うつ」は食べ物が原因だった! より」

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

血管は「酸化」していくことで傷ついていきます。

たとえば、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が血管にへばりついて、

プラークと呼ばれるこぶを血管の壁に形成していくのです。

 

でも、LDLには2種類あることをごぞんじですか?

それは、酸化したLDLと酸化していないLDLです。

LDLの中でも血管に悪さをしていたのは、実は酸化LDLだったのです。

ということは、血管を酸化から守るシステムがしっかりできていれば、

酸化LDLは血管に付着しづらくなる。

それが血管老化を防ぎ、血管強化につながるということです。

 

ビタミンBの抗酸化力は強くありませんが、

細胞のエネルギー産生やエネルギー代謝を効率よくするためには

なくてはならないビタミンです。

体内で起こっている「酸化」の抑制にも間接的に関わっています。

B群は体中の細胞の正常な代謝活動を助ける「補酵素」として、

欠かせない存在なのです。

日時:2019年6月11日 AM 10:55
ビタミンB群不足は不眠や集中力低下も引き起こす
ビタミンB群不足であらわれる症状に、睡眠障害があります。 睡眠をコントロールする神経伝達物質が十分にできないため、睡眠のリズムが乱れ、夜寝付けない。昼間眠くなる、悪夢を見るといったことがあります。 ビタミンB群を積極的にとるようにしたところ、寝付きがよくなったという事例が多数報告されています。 眠れないからアルコールに頼る人もいますが、寝酒は逆効果です。アルコールを分解するときにビタミンB群が大量に消費されてしまうからです。 集中力や記憶力の低下もビタミンB群不足に伴う症状です。     ビタミンB群不足は不眠や集中力低下も引き起こす   ...
日時:2019年4月26日 PM 05:03
生活習慣の影響で起こる「ビタミンB群不足」
脳を酷使するときには、たくさんのビタミンB群が消費されています。 B群は脳の働きに重要な役割を担っているのです。 糖質を分解するB1が不足すると、脳のエネルギーが不足し、とたんに頭が回らない状態になります。 また、脳の神経伝達物質の合成すべての段階に関わっています。 神経の働きを整えたり、傷んだ神経を補修したり、タンパク質をドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質に作り替えるなど、「脳力向上」のためにもB群は欠かすことができないのです。     生活習慣の影響で起こる「ビタミンB群不足」   たんぱく質が脳内神経伝達物質のおおもとなら、...
日時:2019年4月 8日 PM 04:13
小さな疲れをためないための毎日の生活「深い呼吸」
元気で過ごすために、深い呼吸を毎日意識して行いましょう。キラキラした「清気」を鼻から吸い込み、体の中がきれいな空気で満たされ、体が透明になっていくイメージで、吐くときは体の中にある濁った気を全部口から出すイメージで行いましょう。自律神経にはこうしたイメージ力が非常にたいせつです。 私たちは、ふだんは無意識に呼吸をしています。呼吸が浅い人は、メンタルが弱くなっていく傾向にあります。 深呼吸をすると苦しい、途中でやりにくくなる人は、精神的に疲れている人が多いのです。     小さな疲れをためないための毎日の生活「深い呼吸」   私たちは、ふだんは...
日時:2018年10月23日 PM 03:30
そもそも自律神経とは、何だろう
風邪を引かないようにうがいや手洗いをするのと同じように、自分はストレスに弱いと思う人はそれなりの対応策を考えておいたほうがいい。ときどき意識して深呼吸をするだけでも、気持ちは落ち着くはずです。 最初に息を吸ってもいいのですが、うまくいかなければ、まず大きく息を吐き切ってしまうのがコツ。こうして肺の中を空っぽにすると、人間は自然と大きく息を吸います。これを繰り返すのです。 また、うつなどの気分障害には、ヨガを始めとする「瞑想」がいい、という話もあります。何も考えずに呼吸のみに意識を集中することで、脳は一時的にせよ休息状態に入ります。     そもそも自律神経...
日時:2018年8月28日 PM 04:37
水分不足が脳梗塞にもつながります
  水分不足が脳梗塞にもつながります   皆さんは、五大栄養素だけでなく、 次々に解明される食品の機能性成分に気をとられて、 水の重要性を忘れてはいないでしょうか。   生き物にとって最もたいせつなのは水。 人間の体の約60%は水分です。 これは血液やさまざまな代謝に必要な体液のもとになり、 発汗などで熱を逃がし、体温調節の役割もします。 1日の水分摂取量は食物から1リットル、飲料水から1.2リットル。 加えて体内でつくられる代謝水で0.3リットルと 合計2.5リットルにもなります。   ことに夏場は、脱水症にならぬ...
日時:2018年7月17日 PM 04:54
ストレスと、脳内ホルモン「セロトニン」の関係
うつ病は、今やサラリーマンの3割近くに見られ、「心のかぜ」ともいわれるほどポピュラーな病気になりました。 原因としては、精神的なストレスのほか、コンピューターによるテクノストレスや、テレビやゲームなどによる眼精疲労などが元になることもあります。 脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンが減少したり、視床下部や下垂体といった脳の機能の異常なども、原因として考えられています。 不足している栄養素がないよう食生活の乱れに注意したり、パソコンなどを使いすぎないように気をつけたりといった、生活全般を見直してみることが必要です。     ストレスと、脳内...
日時:2018年4月24日 PM 05:08
今日はお手軽にツナ缶でEPA、DHAを。
  毎日のメニューに魚料理を取り入れるといっても、毎日魚を買ってくるのは大変かもしれません。 もっと手軽かつ安価に魚を食べたいときにおすすめなのが、缶詰です。 なかでもお手頃で、スーパーでもコンビニでも売られているのが、ツナ缶。 マグロかカツオが原材料なので、EPA、DHAが豊富です。     今日はお手軽にツナ缶でEPA、DHAを。   ■選ぶときに重視したいポイントは?    1. 食塩無添加のものを  2. ノンオイル(水煮)のものを  3. ブロックタイプのものを   ■缶詰は、余計な油が...
日時:2018年3月14日 PM 03:13
脳も体も健康で長生きできるかどうかは、10の生活習慣で決まる
家族に心臓疾患やがんになった人がいて、自分もそのような資質を持っていたとしても、生活習慣でそうした病気にならずにすむことは可能です。 脳の働きについても、生まれつき、遺伝がかかわっていることは確かです。しかし、脳は、その使い方次第でいくらでも力を発揮するようにできるのです。 体の健康を維持して脳がフルに力を発揮できるような土台を整え、頭を使う生活を習慣にすることで可能になります。科学的な根拠をもとにして、具体的にどのような生活を心がければいいのかを、誰でもできる10の基本を、挙げておきましょう。     脳も体も健康で長生きできるかどうかは、10の生活習慣...
日時:2018年3月 8日 PM 03:07
ビタミンの不足が血管を「酸化」させる
カラダの細胞の中には細胞の酸化を抑える抗酸化ネットワークというシステムが存在します。そして、もちろん血管内皮細胞の中にも。 このシステムの中核として活躍しているのが、ビタミンです。ビタミンの中でも特に大事なビタミンが、ビタミンCとビタミンEです。ビタミンCとビタミンEの抗酸化力は、非常に強力です。この2つのビタミンに、ビタミンAを加えた3つのビタミンは、いずれも抗酸化力が強く、ビタミンACE(エース)と呼ばれています。 そしてもうひとつ忘れてはいけない大事なビタミンがあります。それはビタミンBです。ビタミンBの抗酸化力は強くありませんが、細胞のエネルギー産生やエネルギー代謝を効率よ...
日時:2018年2月 1日 PM 04:15
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.