ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ



リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記


お知らせ

2014/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(火)〜1月4日(日)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月5日(月)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました


ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

熱中症と脳卒中の初期症状はよく似ている

2019.8.10.jpg

大切なことは、睡眠の前後にも水分補給を行うことです。

眠っているときは、一般に血圧が低下するため、血液の流れが遅くなり、血栓ができやすい状態になります。

さらに起床する前後からは、血圧が上昇すると同時に、アドレナリンが分泌されることで、血液が固まりやすくなります。よって、夏の脳梗塞は睡眠中から起床後の時間帯にかけて、発症のリスクが高くなります。

予防のために、まず寝る前に水を1杯飲むようにしましょう。また、朝起きたときに水を1杯飲むことも、夏の脳梗塞予防につながります。

 

 

熱中症と脳卒中の初期症状はよく似ている 脳卒中が疑われたら直ちに119番に電話を!

 
 
 
熱中症も頭痛や悪心・嘔吐、めまいや一時的な失神などが起こります。
 
初期症状は脳卒中とよく似ているのです。
 
脳卒中になると激しい頭痛や吐き気がし、
 
力があるのに立てなかったり、フラフラする。
 
運動麻痺(片麻痺)や感覚障害、ろれつが回らず、
 
物が2つに見えたり、意識を失ってしまうこともあります。
 
 
■ 脳梗塞は夏に多い!
 
 
 
脳梗塞は夏に多いということを、ご存知でしょうか。
 
従来、脳梗塞や脳出血などは、
 
血圧が上昇しやすい冬に多いとして知られていました。
 
ところが国立循環器病センターの調査によると、
 
脳梗塞に限っては夏のほうが多いことがわかっています。
 
 
 
そのおもな原因は、脱水症状です。
 
夏は、気付かないうちに体内の水分が不足がちになるため、
 
血液の流れが悪化し、血管が詰まりやすくなるのです。
 
 
 
夏に多い脳梗塞は、脳の血管そのものが狭くなったり、
 
血栓ができたりすることで引き起こされる脳血栓症です。
 
脳血栓症は、普段健康そうにみえていても、
 
脱水症状が引き金となって急に発症します。
 
高齢者に限らず、30〜50歳代の比較的若い世代でも、
 
発作におそわれて倒れることがあるので注意が必要です。
 
 
 
■ 根底には動脈硬化が
 
 
 
脳梗塞は、多くの場合、その根底には動脈硬化(血管の老化)があります。
 
加齢とともに、だれでも動脈硬化が起こりますが、
 
それを促進するのが肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病です。
 
こうした病気、その予備段階の人は、脳梗塞のリスクが高いだけに、
 
夏には水分補給を十分に心がける必要があります。
 
 
 
とくに注意したいのは血圧が高めの人です。
 
脳の細い動脈は影響を受けやすく、
 
血管壁が厚くなると血流が悪化し、詰まりやすくなります。
 
そこに脱水症状が加わることで、
 
血栓ができるリスクが急激に高くなります。
 
 
 
■ 睡眠の前後にも水分補給を
 
 
 
もう一つ大切なことは、睡眠の前後に上手に水分補給を行うことです。
 
熱帯夜ともなると、大汗をかくことも珍しくありません。
 
眠っているときは、一般に血圧が低下するため、
 
血液の流れが遅くなり、血栓ができやすい状態になります。
 
 
 
さらに起床する前後からは、血圧が上昇すると同時に、
 
アドレナリンが分泌されることで、血液が固まりやすくなります。
 
よって、夏の脳梗塞は睡眠中から起床後の時間帯にかけて、
 
発症のリスクが高くなります。
 
 
 
予防のために、まず寝る前に水を1杯飲むようにしましょう。
 
また、朝起きたときに水を1杯飲むことも、
 
夏の脳梗塞予防につながります。
 
とくに血圧が高めの人や、動脈硬化の疑いがある人は、
 
睡眠前後の水分補給をぜひ心がけてください。
 
「Yahoo!ニュース より」
 
 
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
 
 
動脈硬化は年齢とともに発症しやすくなり、50代になるとほとんどの人
 
(女性は60代から)に動脈硬化が見られるようになります。
 
 
 
近年、動脈硬化の原因として新しく注目されているものに、
 
ホモシステインというものがあります。
 
虚血性心疾患である心筋梗塞の発作を起こした人の2割程度にしか
 
高コレステロール血症が見られないことから、
 
これまで長い間、コレステロール以外に動脈硬化の原因となるものが
 
あるのではないかと考えられていました。
 
そうして、ホモシステインがそのひとつの原因だと
 
注目を集めるようになりました。
 
このホモシステインが動脈の壁に沈着すると、
 
酸化される過程で血栓を引き起こし、
 
血管を傷害して動脈硬化を引き起こすのです。
 
ホモシステインはLDLと一緒になり
 
血管壁にコレステロールを沈着させます。
 
また活性酸素と一緒になり、脂肪やLDLの過酸化、
 
血管内皮細胞や血管の平滑筋の異常を引き起こします。
 
その結果、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞になるのです。
 
 
 
もしビタミンB群のビタミンB12・B6や葉酸があれば、
 
ホモシステインは分解されます。
 
さらに、ビタミンB12や葉酸をはじめとするビタミンB群は、
 
ミネラル、アミノ酸などの栄養素と協力し合っているため
 
一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。
 
日時:2019年8月10日 PM 01:24
卵には「若返りに必要なすべての栄養素」が揃っている
卵が優秀な理由は、主に2つあります。 1つは良質なタンパク質と、吸収効率のよいヘム鉄、亜鉛が豊富なこと。タンパク質とヘム鉄、亜鉛はうるおい成分の合成に欠かせません。 もう1つは、さらに重要なのですが、ビタミンB群が多いこと。ビタミンB群が豊富だと新陳代謝が活発になります。新陳代謝が活発になるとダイエット効果が高まります。 逆に、ビタミンB群が不足すると老化が進み、疲れやすくなったり、めまいや頭痛の原因にもなるのです。 卵はコレステロールの多い食品ですが、このコレステロールは肌のうるおいをキープするうえで重要な役割を果たします。   卵には「若返りに必要なすべての栄...
日時:2019年7月24日 PM 04:21
古くて新しい栄養素「ビタミンB群」の可能性
ビタミンBの種類によって脂質の酸化を防ぐ段階が違い、少しずつ時間をずらしながら、相互に協力し合っていることがわかってきたのです。 酸化とは、いってみれば体内をサビつかせることであり、老化の原因といわれています。しかし、酸化そのものは人体にとって必要なことなのです。もちろん、酸化が続いてしまうのはよくないことであるのは間違いありません。 ただ、急性期は酸化をさせないといけないこともあります。それがこの反応なのです。 また、ビタミンB群は、脂質代謝を改善する作用があるのと同時に、糖化抑制作用もあわせ持っています。     古くて新しい栄養素「ビタミンB群」の...
日時:2019年6月11日 AM 10:55
ビタミンB群不足は不眠や集中力低下も引き起こす
ビタミンB群不足であらわれる症状に、睡眠障害があります。 睡眠をコントロールする神経伝達物質が十分にできないため、睡眠のリズムが乱れ、夜寝付けない。昼間眠くなる、悪夢を見るといったことがあります。 ビタミンB群を積極的にとるようにしたところ、寝付きがよくなったという事例が多数報告されています。 眠れないからアルコールに頼る人もいますが、寝酒は逆効果です。アルコールを分解するときにビタミンB群が大量に消費されてしまうからです。 集中力や記憶力の低下もビタミンB群不足に伴う症状です。     ビタミンB群不足は不眠や集中力低下も引き起こす   ...
日時:2019年4月26日 PM 05:03
生活習慣の影響で起こる「ビタミンB群不足」
脳を酷使するときには、たくさんのビタミンB群が消費されています。 B群は脳の働きに重要な役割を担っているのです。 糖質を分解するB1が不足すると、脳のエネルギーが不足し、とたんに頭が回らない状態になります。 また、脳の神経伝達物質の合成すべての段階に関わっています。 神経の働きを整えたり、傷んだ神経を補修したり、タンパク質をドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質に作り替えるなど、「脳力向上」のためにもB群は欠かすことができないのです。     生活習慣の影響で起こる「ビタミンB群不足」   たんぱく質が脳内神経伝達物質のおおもとなら、...
日時:2019年4月 8日 PM 04:13
小さな疲れをためないための毎日の生活「深い呼吸」
元気で過ごすために、深い呼吸を毎日意識して行いましょう。キラキラした「清気」を鼻から吸い込み、体の中がきれいな空気で満たされ、体が透明になっていくイメージで、吐くときは体の中にある濁った気を全部口から出すイメージで行いましょう。自律神経にはこうしたイメージ力が非常にたいせつです。 私たちは、ふだんは無意識に呼吸をしています。呼吸が浅い人は、メンタルが弱くなっていく傾向にあります。 深呼吸をすると苦しい、途中でやりにくくなる人は、精神的に疲れている人が多いのです。     小さな疲れをためないための毎日の生活「深い呼吸」   私たちは、ふだんは...
日時:2018年10月23日 PM 03:30
そもそも自律神経とは、何だろう
風邪を引かないようにうがいや手洗いをするのと同じように、自分はストレスに弱いと思う人はそれなりの対応策を考えておいたほうがいい。ときどき意識して深呼吸をするだけでも、気持ちは落ち着くはずです。 最初に息を吸ってもいいのですが、うまくいかなければ、まず大きく息を吐き切ってしまうのがコツ。こうして肺の中を空っぽにすると、人間は自然と大きく息を吸います。これを繰り返すのです。 また、うつなどの気分障害には、ヨガを始めとする「瞑想」がいい、という話もあります。何も考えずに呼吸のみに意識を集中することで、脳は一時的にせよ休息状態に入ります。     そもそも自律神経...
日時:2018年8月28日 PM 04:37
水分不足が脳梗塞にもつながります
  水分不足が脳梗塞にもつながります   皆さんは、五大栄養素だけでなく、 次々に解明される食品の機能性成分に気をとられて、 水の重要性を忘れてはいないでしょうか。   生き物にとって最もたいせつなのは水。 人間の体の約60%は水分です。 これは血液やさまざまな代謝に必要な体液のもとになり、 発汗などで熱を逃がし、体温調節の役割もします。 1日の水分摂取量は食物から1リットル、飲料水から1.2リットル。 加えて体内でつくられる代謝水で0.3リットルと 合計2.5リットルにもなります。   ことに夏場は、脱水症にならぬ...
日時:2018年7月17日 PM 04:54
ストレスと、脳内ホルモン「セロトニン」の関係
うつ病は、今やサラリーマンの3割近くに見られ、「心のかぜ」ともいわれるほどポピュラーな病気になりました。 原因としては、精神的なストレスのほか、コンピューターによるテクノストレスや、テレビやゲームなどによる眼精疲労などが元になることもあります。 脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンが減少したり、視床下部や下垂体といった脳の機能の異常なども、原因として考えられています。 不足している栄養素がないよう食生活の乱れに注意したり、パソコンなどを使いすぎないように気をつけたりといった、生活全般を見直してみることが必要です。     ストレスと、脳内...
日時:2018年4月24日 PM 05:08
今日はお手軽にツナ缶でEPA、DHAを。
  毎日のメニューに魚料理を取り入れるといっても、毎日魚を買ってくるのは大変かもしれません。 もっと手軽かつ安価に魚を食べたいときにおすすめなのが、缶詰です。 なかでもお手頃で、スーパーでもコンビニでも売られているのが、ツナ缶。 マグロかカツオが原材料なので、EPA、DHAが豊富です。     今日はお手軽にツナ缶でEPA、DHAを。   ■選ぶときに重視したいポイントは?    1. 食塩無添加のものを  2. ノンオイル(水煮)のものを  3. ブロックタイプのものを   ■缶詰は、余計な油が...
日時:2018年3月14日 PM 03:13
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.