ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ



リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記


お知らせ

2014/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(火)〜1月4日(日)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月5日(月)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました


ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

簡単で効果的な指の爪もみ−免疫力を高める習慣術−

2016.4.10.jpg

東洋医学では、爪のわきには「井穴(せいけつ)」という

ツボがあり、それぞれの爪は体の各器官に対応している

と言われています。

日ごろの生活では、どうしても交感神経が緊張しがちです。

結果的にリンパ球が減少し、血流障害が生じてさまざまな

病気を引き起こすことになりかねません。

簡単にできる「爪もみ」で、血流もよくなり、

交感神経に偏った自律神経を副交感神経優位にして

リンパ球をふやし、免疫力を高めましょう。

 

 

  ◆◆ 簡単で効果的な指の爪もみ−免疫力を高める習慣術− ◆◆

免疫理論を共同研究した福田稔先生が提唱している「爪もみ」療法。

免疫力を高めるのに効果的なので紹介しておきましょう。

 

日ごろの生活では、どうしても交感神経が緊張しがちです。

結果的にリンパ球が減少し、血流障害が生じてさまざまな病気を

引き起こすことになりかねません。

 

そこで、意識的にリンパ球をふやすよう心がけたいものです。

簡単にできるのが、爪の生え際を押しもみする「爪もみ」です。

血流もよくなり、交感神経に偏った自律神経を副交感神経優位にして

リンパ球をふやし、免疫力を高めることができます。

 

親指の外側から順番に、

親指1、2、人差し指3、4、中指5、6、薬指7、8、小指9、10

と番号をつけています。

 

東洋医学では爪のわきには「井穴(せいけつ)」というツボがあるのですが、

それぞれの爪は次のように体の各器官に対応していると言われています。

そこをもんで刺激するのです。

 

親指(1、2)は肺やノド、鼻などの呼吸器、人差し指(3、4)は歯や食道、腸などの消化器官、

中指(5、6)は心臓や冠動脈、薬指(7、8)はホルモンなど、小指(9)は血液の循環や目、

(10)は栄養の吸収など小腸、に効果があります。

 

簡単にできるのでやってみてください。

それぞれの爪の生え際を、反対側の親指と人差し指で両側から多少強くつまんで、

そのまま10秒程度押しもみしてください。

少し痛いくらい刺激するのがコツです。

ただし、他の指をせずに薬指だけをするのは避けてください(福田先生の研究で、

薬指だけの爪もみを4週間続けた被験者は、実験以前より顆粒球の割合がふえて

リンパ球の割合が減り、免疫力が低下したとのデータがあります。)

 

手の指だけでなく、足の指の爪もみも効果があります。

足の爪もみは、足先が冷えるなど、ことに下半身に効果があります。

 

それぞれの手の指を症状や病気との関連別に分けると、次のようになります。

 

親指―アトピー、咳、ぜん息、リウマチ、円形脱毛症、ドライマウスなど

人差し指―胃弱、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病

中指―耳鳴り、難聴など

薬指―小腸、大腸、腰など中央部から下半身の不具合

小指―肩こり、高血圧、糖尿病、腰痛、頭痛、頻尿、更年期障害、

   自律神経失調症、もの忘れ、脳梗塞、目の病気など

 

このような症状がある場合には、該当する指を20秒程度刺激してください。

手の指だけでしたら、2分程度、足の指の爪もみをしても4分程度ですみます。

すぐに、手がぽかぽかする、手の動きが軽くなる、体が軽くなるなど、

実感することができると思います。

 

1日2〜3回程度続ければ効果が実感されると思います。

それ以上はかえってやりすぎになります。

人によって違うので、すぐに効果が実感できる方もいますが、

なかなか効果を実感できない場合もあります。

そんなときは1回の爪もみ時間をたとえば10秒から15〜20秒に

ふやすようにすればいいのです。

一ヶ月ほど続ければ、食欲が出る、熟睡できる、冷え性が改善される、

下痢や便秘が解消したなど、状態が改善されるはずです。

「免疫力が上がる生活下がる生活 より」

日時:2016年4月10日 PM 04:15
認知症は「生活習慣病の終着駅」。だから、予防するには食生活の改善も必須!
認知症の多くは、脳血管障害の積み重ねで起こり、 その原因のほとんどが脳梗塞です。 脳梗塞の前兆である「隠れ脳梗塞は、早い人だと 30代からあらわれ、40代を過ぎると急に増加する といわれています。 脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の 一つととらえ、ふだんから脳の血管を健康に保つ 生活を心がけ、脳梗塞を予防し、脳の健康を守る ことが大切なのです。   ◆◆認知症は「生活習慣病の終着駅」。だから、予防するには食生活の改善も必須!◆◆   ■脳卒中や心筋梗塞と同じメカニズムで発症してくる 「認知症とは、どんな病気だと思いますか?」と聞く...
日時:2016年4月 6日 PM 02:40
血管壁の老化が招く高齢者の脳梗塞
ラクナ梗塞が、低栄養の高齢者に起きやすい脳梗塞です。 今では、低栄養、低コレステロールで脳梗塞が起きる ことは、医学界の常識となっています。 ただ、脳梗塞というと、あまりにも栄養過剰、 高コレステロールが原因だという印象が強いために、 なかなか一般の人にはなじみがないのが実情です。 また、LDLコレステロールが、100を切ると、高齢者では 逆に心血管病が増えてくることがわかっています。 一方、HDLコレステロール(「善玉)は、高いほどよく、 低いほど問題があるようです。   血管壁の老化が招く高齢者の脳梗塞   心血管病に対する一般のイメー...
日時:2016年3月29日 PM 05:25
神経伝達物質の材料になる成分を補うことが大切です
   イライラの原因は、脳の神経を伝達する機能の低下  によって、脳の緊張・興奮状態が過剰になっている  のではないかと考えられています。  イライラしやすいときは、脳の神経伝達物質である  セロトニン、アセチルコリン、ドーパミンなどが  不足していることが考えられます。そのため、これらの  材料となるアミノ酸と、アミノ酸を取り込むために必要な  糖分やビタミンB12の不足を疑ってみましょう。         ◆◆ 神経伝達物質の材料になる成分を補うことが大切です ◆◆ 私たちの脳の中で司令塔のような役割をしているセロト...
日時:2016年3月21日 PM 03:06
からだこそ、日々の積み重ねが大切です!
   年齢を重ねると体力は落ちてくるかもしれませんが、  実際に年齢を重ねることで自分に関するさまざまなことを  経験として知って、次の行動に活かせます。  それによって、その先の生活も含めてきちんと対策を  立てられます。  年齢からくる疲れは、排泄がスムーズに行なわれるような  生活を送ること、自分なりのメンテナンスをしていくこと。  効果を発揮するには、日々の積み重ねが大切です。       ◆◆ からだこそ、日々の積み重ねが大切です! ◆◆   非常に当たり前のことを淡々ときちんとやっていくことこそが 「疲れな...
日時:2016年3月17日 PM 03:30
からだにゴミ(老廃物)をためていませんか?
 ビルやマンションの老朽化は、まず配水管からくる  ものです。配水管にこってりとついたゴミを放置  してしまったあとにクリーニングをしようとすると、  負担がかかりすぎて、配水管が破裂してしまうこと  だってあります。  からだも建物と一緒で、コレステロールなどがたまった  血管壁というのは、どんどんクリーニングしづらくなり、  もろくなってきます。そうすると、必然的に病気になる  確率が高まっていくわけです。       ◆◆ からだにゴミ(老廃物)をためていませんか? ◆◆   疲れやすい人は、頻繁に風邪を引いたり、すぐ熱を出...
日時:2016年3月15日 PM 05:24
脳の血管障害にはこんな栄養成分が必要
      脳卒中の再発を防止するには、   血圧のコントロールが最も大切です。   塩分や脂肪の摂取を控えるなど、   食事への配慮が、やはり重要なポイント!   また、予防のためには脳卒中の要因である   動脈硬化、さらに高脂血症を防ぐことが第一です。         ◆◆ 脳の血管障害にはこんな栄養成分が必要 ◆◆   ≪脳卒中(脳血管障害)≫   動脈硬化などの血管障害が脳でおこり、血液の流れが悪くなることによって、 意識障害やまひなどを発症することがある病気です。 脳動脈が...
日時:2016年3月 3日 PM 04:06
健康を維持するために食生活の見直しと改善
   野菜を多くとる食生活を  野菜は1日に350g以上、生野菜なら両手のひらに  いっぱいくらいが目安です。  生野菜はかさがあって大変なので、  煮物や鍋物にして煮込めばたくさん食べられます。  全体の3分の1は緑黄色野菜に。  みそ汁やスープだけでなく、ジュースやデザートも  おすすめです。       ◆◆ 健康を維持するために食生活の見直しと改善 ◆◆   《体の調子をチェックしてみる》   健康を維持するためには、自分の体調に留意することが大切です。 単なる疲れやストレスだと思っていた症状が病気の前兆だ...
日時:2016年2月23日 PM 04:22
「いつ」食べるのがよいのか? 時間栄養学とは
 1日3食規則正しく食事をとることは、  生活リズムを刻む原動力となり食事の効果を高め、  健康と深くかかわっています。  しかし、朝食を欠食すると1日の生活リズムが乱れる  と同時に、血糖値の低下から空腹感が増します。  そのため、昼食や夕食を多くとってしまうと、  急激に血糖値が上昇し、これを脂肪に変えるため、  肥満につながります。       ◆◆ 「いつ」食べるのがよいのか? 時間栄養学とは ◆◆   生物を取り巻く明暗、気温などの環境は、約24時間の周期で変動しています。 これに伴い生体機能には昼夜の日内リズム(サーカ...
日時:2016年2月22日 PM 03:30
アンチエイジングと食事
     長寿時代だからこそアンチエイジングの視点を  長くなった寿命をどう生きるのかということが、  ますます問われてきます。  アンチエイジングとは、単に若く見せるということではなく、  いかにして健康を保つか、そのための予防医学である  といっていいでしょう。             ◆◆ アンチエイジングと食事 ◆◆   《「今ある健康を維持する」ために》   人間の生理機能は、成熟期以降衰えてゆきます。 「アンチエイジング」という言葉をよく耳にしますが、 これは「抗老化」の...
日時:2016年2月20日 PM 03:57
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.