ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ



リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記


お知らせ

2014/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(火)〜1月4日(日)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月5日(月)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました


ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

多発脳梗塞性認知症を防ぐためには

2016.1.17.jpg

 

 大切なことは、1日ボーッとしていることではなく

 脳を活発に動かすこと。

 手を動かしたり、運動したり、本や新聞を読んだり、

 人と交わりたくさん話をするなどして、

 脳を活発に動かすことが認知症を予防・改善する、

 という報告が増えています。

 

 

 

 


     ◆◆ 多発脳梗塞性認知症を防ぐためには ◆◆


 

認知症を防ぐためには、規則正しい生活を送り、適度の運動・食事をとることですが、

これが簡単なようで最も難しいことです。

 

・ 認知症を予防するには

多発脳梗塞性認知症を防ぐためには、脳梗塞の原因となる高血圧、不整脈、糖尿病、

高脂血症、肥満を治療し、動脈硬化および脳梗塞を予防することです。

禁煙を行い、アルコールのとりすぎにも、注意する必要があります。

 

また、これらの動脈硬化因子は、アルツハイマー病にも関連していることが、

最近わかってきています。

 

外来で高血圧の薬や高脂血症の薬を出すと、「一生薬を飲むのですか?」とよく聞かれます。

運動療法や食事療法で高血圧や高脂血症が改善する人もいますが、

脳梗塞・認知症を予防するためには、やはり薬は必要です。

 

脳血栓症では、一般的には抗血小板剤であるアスピリンやパナルジンなどを服用します。

 

また、不整脈(心房細動)がある場合には、循環器内科で不整脈の原因について精査する必要があり、

抗凝固薬のワーファリンを服用し、血液を固まりにくくすることが必要になります。

 

適度な運動・睡眠は、肥満の予防とともに、疲労回復のためにも大切です。

偏食を避け、魚や緑黄色野菜を十分に摂取することは悪玉コレステロール(LDL-C)を下げ、

高脂血症を防ぎます。

とくに魚の中でも、いわしやさんまなどにはエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサキサエン酸(DHC)などの

多価不飽和脂肪酸がたくさん含まれていて、中性脂肪の低下や血圧降下に作用があります。

 

また、ビタミンB群や抗酸化物、ミネラルを十分に摂取することも大事と考えられています。

 

最近では音読や計算など、認知症を防ぐための教材も書店で見かけるようになりました。

本や新聞を読んだり、人と交わりたくさん話をするなどして、脳を活発に動かすことが

認知症を予防・改善する、という報告が増えています。

 

「手を動かしたり、運動したりすることも効果がありますか?」とよく聞かれますが、

大切なことは、1日ボーッとしていることではなく脳を活発に動かすことですから、

音読や計算同様、認知症予防に効果があると思います。

 

≪認知症を防ぐためには≫

1. 規則正しい生活、適度の運動、食事休息

2. 高血圧、不整脈、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙の治療

3. 脳を活発に動かす!(会話、社会活動、読書、音読、計算なども有効)

「脳の病気 より」

日時:2016年1月17日 PM 03:17
最も注意しなくてはいけないのは血管障害
   私達が日常気をつけなければならないのは、  血管を健康に保つということです。  高齢になれば脳の細い血管などは、  知らず知らずに小さな梗塞を起こしています。  それがあちこちに起これば、  脳梗塞や脳卒中にも結びつきます。          ◆◆ 最も注意しなくてはいけないのは血管障害 ◆◆   脳の老化で怖いのは、認知症になってしまうことです。 年齢相応に記憶力が低下したり、発想力が低下するのは、 ある程度仕方ないこととあきらめてください。 それは、40歳以上になると脳細胞が年々死んでいくからです...
日時:2016年1月16日 PM 04:19
血液の状態が悪いと、病的老化が進行する
   自然老化だけではそう関単に脳梗塞を起こすような  深刻な事態は招きません。  問題は、血管内皮が傷ついていく血管の病的老化。  生活習慣病・加齢・ストレス・活性酸素……  ただでさえ過酷な労働を強いられている血管を  さらに痛めつけているのです。           ◆◆ 血液の状態が悪いと、病的老化が進行する ◆◆   確かに自然老化が動脈硬化の原因ではありますが、 それだけではそう簡単に脳梗塞を起こすような深刻な事態は招きません。 問題は、生理的な範囲を超えて...
日時:2016年1月 9日 AM 10:59
良質な睡眠は、体のダメージを修復してくれる
     睡眠中に分泌される成長ホルモンは、  体内の新陳代謝を促し、  体のダメージを回復する働きがあります。  睡眠はただ単に疲れをとるだけではありません。  だから、良質な睡眠が不可欠なのです!          ◆◆ 良質な睡眠は、体のダメージを修復してくれる ◆◆   良質な睡眠が健康の礎となることに異論はないでしょう。   睡眠中に分泌される成長ホルモンは、体内の新陳代謝を促し、 体のダメージを回復する働きがあります。 睡眠はただ単に疲れをとるだけではありません...
日時:2015年12月22日 PM 03:53
意外!歯周病は脳梗塞の危険因子 毎日の歯磨きはしっかりと
  みなさん、歯は健康ですか? 歯周病はありませんか?    歯周病は脳梗塞の危険因子に……、驚いた方もいるかもしれません。 しかし、歯周病菌が血管病に関連していることが、次第にはっきりしたのです。    血管中にできた動脈硬化のプラークの中から、歯周病菌が発見されています。 そして、歯周病の患者さんは、そうでない人に比べて脳梗塞や心筋梗塞になる 確率が高いことも分かってきました。 両者にはどんな関係があるのでしょうか。    歯周病にかかった人の歯のまわりには、歯周ポケットというくぼみができま...
日時:2015年12月19日 PM 03:34
一生懸命働く血管自然老化は避けられない
  人は血管とともに老いる、と表現されます。 健康の鍵を握る血管はなぜ傷つくのでしょうか。 血管老化の原因を考えていきましょう。   ところで、動脈硬化とはいいますが、静脈硬化とはいいませんね。 このあたりに血管老化のポイントがありそうです。   血液はいうまでもなく、心臓のポンピング運動によって体に送られています。 しかし、約40秒〜2分間で体を1回りするパワーが、心臓の力だけで与えられるものでしょうか。   心臓の左心室から送り出された血液は、動脈の壁を押し広げます。 これが収縮時血圧、または上の血圧です。 空になっ...
日時:2015年12月17日 PM 03:56
脳梗塞の危険は軽減できる生活習慣を改めて血管力をアップ
    脳梗塞を防ぐためには血管の健康を維持することが最善かつ唯一の方法です。 もしも、MRI検査などにより隠れ脳梗塞が見つかったとしても、落胆する必要はありません。 死滅した脳細胞自体は元に戻せませんが、この段階ではまだそれほど大きなダメージは 受けていないからです。 大切なことはそれ以上の血管事故を起こさないようにすることです。 幸いなことに、血管は一度老化したとしても、若返らせることが可能なのです。 血管内皮は、肌と同様の新陳代謝により、日々新しく生まれ変わっています。 心を入れ替えて生活習慣を改めれば、血管内皮細胞は本来の機能をとり戻し、 ...
日時:2015年12月16日 PM 03:13
寒さは高血圧の大敵。防寒対策は万全に
  【寒いと血圧は上がる】   血圧は、個人差もあり、いろいろな条件に影響されますが、季節によっても変動します。 一般に春から夏にかけては低めに落ち着き、秋から冬にかけて高くなります。 これは血圧が正常の人でも同じですが、高血圧の人は、この変動の幅が大きいのです。   血圧を上げる原因のひとつに、皮膚への刺激があります。 皮膚が刺激を受けると、交感神経が興奮して血圧が上がるのです。   この刺激は、疼痛でも熱湯でも寒冷でも同じですが、冷たさの刺激はとくに影響が大きく、 手を氷水につけただけでも、血圧は急上昇します。 冬は、...
日時:2015年12月14日 PM 04:33
ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ。血圧が高い人の強い味方
  野菜や果物が体にいいことは、もはや周知の事実です。 では、野菜のなかでも脳卒中の予防に役立つものは何でしょうか。 答えは、「ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ」という十字花科植物の野菜です。   ハーバード大学医学部公衆衛生部門の研究グループが、約11万4000人の健康な男女を対象に 果物や野菜の摂取量と脳卒中の発症の関連を調べた疫学調査があります。 女性で14年、男性で8年もの追跡調査をしたところ、女性は7万5596人中366人、 男性は3万8683人中204人が脳卒中を起こしました。 その結果、毎日5〜6皿野菜や果物を食べていた人は、 ...
日時:2015年12月13日 PM 05:18
魚の王様はサケ
  朝食に出てくる魚といえば、鯵などの干物が多いかもしれませんが、 ぜひ食べてもらいたいのが、サケです。 じつは、朝食だけでなく、お昼の定食でも夕食の食卓にも載せていただきたい。   サケは、抗加齢という目的で食してもらいたい魚のナンバーワンなのです。 サケの身は、ご存じのように赤い。 この赤い身に、抗加齢効果があるのです。   サケの赤身をつくっているのは、アスタキサンチンという天然色素です。 アスタキサンチンは、元々は海藻の色素で、それを食べたオキアミを、 さらにサケが食べて、サケの赤い身をつくっています。   蟹や...
日時:2015年12月 5日 PM 03:38
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.