ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ

リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記



お知らせ

2016/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(金)〜1月3日(火)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月4日(水)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました

ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処情報を月ごとにご紹介

水分不足が脳梗塞にもつながります

2018.7.17.jpg

 

水分不足が脳梗塞にもつながります

 

皆さんは、五大栄養素だけでなく、

次々に解明される食品の機能性成分に気をとられて、

水の重要性を忘れてはいないでしょうか。

 

生き物にとって最もたいせつなのは水。

人間の体の約60%は水分です。

これは血液やさまざまな代謝に必要な体液のもとになり、

発汗などで熱を逃がし、体温調節の役割もします。

1日の水分摂取量は食物から1リットル、飲料水から1.2リットル。

加えて体内でつくられる代謝水で0.3リットルと

合計2.5リットルにもなります。

 

ことに夏場は、脱水症にならぬように、

水分補給に勤めることがたいせつです。

食事量が少ないと、食物からの水分が不足するので脱水し、

しかも高齢になると本人ものどの渇きを自覚しにくいため、

気づかずに弱って危険になることもあります。

 

脱水すると、血液がドロドロになって、

知らぬ間に小さな脳梗塞が複数できていることがあります。

これらが認知症の原因になるともいわれています。

排泄の世話をかけるのを遠慮し、

夕方から水分を取らないようにしているという話も聞きます。

周囲の気づかいで高齢者の水分不足を防いでください。

 

血液は、食生活や不規則な生活、喫煙、

ストレスなどによって流れにくくなります。

血管に合わせて自在に変形できる赤血球が、

膜がかたくなって変形しにくくなったり、

白血球が粘着しやすくなったりして流れが悪くなってしまうのです。

これがいわゆる“ドロドロ血液”です。

一時的な場合は、悪い要因を改善すればすぐにサラサラに戻るのですが、

慢性的になると、簡単には戻りません。

根気よく食事や生活の改善を続ける必要があります。

さらに、水分が不足しがちで、

暑さによるストレスを感じやすい真夏は特に血液がドロドロになります。

体のすみずみまで血液が気持ちよく流れることが元気の秘訣。

血液をサラサラに保って猛暑を乗りきりましょう。

「栄養と料理 より」

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

認知症の多くは、脳血管障害の積み重ねで起こり、その原因のほとんどが脳梗塞です。

ですから、脳梗塞の前兆である隠れ脳梗塞を早期発見することで

多くの認知症を防ぐことができるのです。

一般的に、脳梗塞の初期には、大きさ数ミリ程度の微小な梗塞が数個出現し、

段階をへるごとにこの梗塞が脳のあちこちに見られます。

このような症状のないごく小さな梗塞が隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)です。

「隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)は、早い人だと30代からあらわれ、

40代を過ぎると急に増加するといわれています。

 

ビタミンB12や葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、

動脈硬化を生じることがわかっています。

脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、

ふだんから健康に保つ生活を心がけましょう。

2018年7月17日
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.