ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ

リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記



お知らせ

2016/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(金)〜1月3日(火)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月4日(水)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました

ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処情報を月ごとにご紹介

脳梗塞は10度以上の急激な温度差は危険

2017.12.8.jpg

冬場、暖房の効いた温かい部屋から戸外へ出る場合は、皮膚の血管が急速に収縮して血液が一気に心臓に戻ってくることがあります。すると、血圧の急激な上昇を招いて動脈硬化や隠れ脳梗塞の原因となります。これを防ぐため、外出前に5分程度、軽いストレッチなどを行うことをおすすめします。全身の筋肉がやわらかくほぐれ、筋肉中の血管を広げて血流がよくなります。これにより、血圧の急激な上昇を抑えることができます。

冬の寒い夜中に高齢者がトイレで脳梗塞の発作を起こすことがありますが、がまんしたあとの急激な排尿は血圧が低下して脳卒中の引き金となります。

そのほか、入浴時、寒いお風呂で脱衣をすると急激な温度変化をもたらし、危険です。

 

 

脳梗塞は10度以上の急激な温度差は危険

 

脳梗塞は、室内外の温度差が10度を越えると、急激に増えることがわかっています。

脳梗塞の発作はもともと寒い冬に多く、夏に急増するようになったのはエアコンが

普及して室内と室外の気温差が大きくなったことと無関係ではありません。
 

つまり、暑い夏でも室内は人工的には冬のような状態に置かれ、

エアコンで室温が低下した部屋から暑い屋外へ出るとき、

血管は拡張と収縮をくり返し、次第に細く、詰まりやすくなってしまうのです。
 

夏の外気温が30度なら室温は25度程度に設定するようにし、

外気温との温度差が激しいデパートやビルなどに入るときは、

直前に温かいお茶や紅茶、コーヒーを飲んでおくようにします。

温かい飲み物は、それ自体の熱が血管を広げ、血圧の急激な上昇を防いで

温度変化にスムーズに対応することができます。
 

室内は、季節を問わず温暖な安定した室温を保つようにし、

風通しをよくしてやや乾燥気味にすると快適です。

とくに夏場は、同じ室温でも湿度が低いほうが熱が発散しやすく、

体感温度が低く感じられるようです。
 

また、寒い冬でも油断は禁物です。

冬場、暖房の効いた温かい部屋から戸外へ出る場合は、

皮膚の血管が急速に収縮して血液が一気に心臓に戻ってくることがあります。

すると、血圧の急激な上昇を招いて動脈硬化や隠れ脳梗塞の原因となります。
 

これを防ぐため、外出前に5分程度、

軽いストレッチなどを行うことをおすすめします。

全身の筋肉がやわらかくほぐれ、筋肉中の血管を広げて血流がよくなります。
 

これにより、血圧の急激な上昇を抑えることができます。
 

ところで、冬の寒い夜中に高齢者がトイレで脳梗塞の発作を起こすことがありますが、

がまんしたあとの急激な排尿は血圧が低下して脳卒中の引き金となります。

尿意を感じたらがまんしないですぐに排泄するようにし、

急激な温度差を感じないように注意しましょう。

便秘が続いたりしたあとの急激な排泄も、同様に血圧の変化をもたらします。
 

そのほか、入浴時、寒いお風呂で脱衣をすると急激な温度変化をもたらし、危険です。

寒い浴室での脱衣は避け、温かくしてから行うようにし、

お湯の温度は38度程度に設定してゆったりとつかるようにします。
 

≪安全な入浴のしかた≫

・ 脱衣は暖かい場所で

・ 着衣したまま湯かげんをみる

・ かけ湯をしてから湯船に入る

・ ぬるま湯にゆっくりつかる

「自分で見つけて治す隠れ脳梗塞 より」

2017年12月 8日
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.