ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ

リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記



お知らせ

2016/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(金)〜1月3日(火)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月4日(水)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました

ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処情報を月ごとにご紹介

「隠れ脳梗塞」を見つければ、脳梗塞は防げる!?

   

2017.3.23.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

  隠れ脳梗塞は、年をとれば、ほとんどの人にできるものです。

  皮膚にシワやシミができることと同じように、老化現象のひとつ

  であると考えてください。ただ、脳の血管の細いところが詰まり、

  血流が悪くなってきているという事実はあります。

  それによって、皆さんが恐れる大きな脳梗塞や脳出血の予備軍

  であることは間違いありません。

  もしも顕著な症状が出ていたら、医師に相談してください。

  そうすることで、脳梗塞が予防でき、脳の病気にかかるリスクが

  減らせるのです。

 

 

「隠れ脳梗塞」を見つければ、脳梗塞は防げる!?

 

50代で約半分の人に見つかる「隠れ脳梗塞」

 

隠れ脳梗塞は、脳にできる小さな小さな梗塞のこと。

自覚症状はほとんどありません。

30代で6人に1人、40代で4人に1人、50代では約半分、60代では8割以上、

ほぼ全員にあるという割合です。

 

一瞬、意識がなくなるけれどすぐに治る、手足がしびれたりろれつが回らなかったりする

けれどすぐ治まる、といった症状で、学問的には一過性脳虚血発作(TIA)と呼ばれます。

症状は24時間以内に消えます。

それが24時間以上3週間以内まで症状が続く場合は、可逆性虚血性神経脱落(RIND)となります。

それらを調べてみると小さな脳梗塞が原因だったことがわかりました。

 

さらに、解剖学的に見てみると年をとった人の脳には小さな穴があることがわかりました。

その穴のことをラクナといいます。

小さな穴、小孔という意味です。

ですから、病理学的には隠れ脳梗塞とはいわず、ラクナ梗塞と呼びます。

医学的には2009年に、日本脳卒中学会において、

「脳の中にはラクナ梗塞(隠れ脳梗塞)がかなりある」という主張がだいたい通るようになりました。

 

隠れ脳梗塞は老化現象のひとつ

 

隠れ脳梗塞は、年をとれば、ほとんどの人にできるものです。

皮膚にシワやシミができることと同じように、老化現象のひとつであると考えてください。

 

ただ、脳の血管の細いところが詰まり、血流が悪くなってきているという事実はあります。

それによって、皆さんが恐れる大きな脳梗塞や脳出血の予備軍であることは間違いありません。

早く見つけて、しかるべき治療をしたほうがいいのは当然です。

 

隠れ脳梗塞が見つかったら、逆によかったと思ってください

 

昔、20代後半の患者さんに、隠れ脳梗塞が見つかりました。

若く、高血圧もなく、本人の希望もあったため、

とくに薬などの治療はせず様子を見ていました。

ところが5年後に調べてみると、隠れ脳梗塞が増えていることがわかったのです。

「ショックだろうけど、仕方がない。薬を飲みましょう」と投薬治療を始めました。

現在、その方は50代。

社会でバリバリ活躍しています。

 

隠れ脳梗塞が見つからず放置していたら、いつか脳梗塞で倒れ、

今頃は不自由な生活をしていたかもしれません。

隠れ脳梗塞が早く見つかってよかったのです。

 

今日から脳梗塞を予防する生活をしよう

 

脳梗塞予備軍である隠れ脳梗塞は、早いうちに見つかったほうがいいのです。

要するに「これを契機にあなたは脳梗塞の予防をスタートできる」ということです。

大きな脳梗塞が起きてから気がつくよりも、その前に気がつけば、

元気でいられるというわけです。

 

もしも顕著な症状が出ていたら、医師に相談してください。

そうすることで、脳梗塞が予防でき、脳の病気にかかるリスクが減らせるのです。

「「隠れ脳梗塞」を見つけて脳梗塞を防ぐ より」

2017年3月23日
高血圧の人は要注意!動脈硬化・大動脈瘤・大動脈解離

2017.3.15.jpg

太い血管で動脈硬化が進むと、血管内壁の弾力性が低下し、

さまざまな異常が起こりやすくなるのです。

大動瘤・大動脈解離、どちらも放置すると、血管が破裂して

大出血を起こす、命に関わる重大な病気です。

とくに高血圧は、動脈硬化の原因になるだけでなく、

血管が膨らんだり、亀裂が入ったりする要因ともなるので

十分な注意が必要です。

 

 

高血圧の人は要注意!動脈硬化・大動脈瘤・大動脈解離

 

血管にできたこぶが裂ける・破裂する

 

大動脈瘤や大動脈解離も、

突然死をまねく血管事故の筆頭にあげられます。

高齢社会に伴い、この大動脈瘤を持つ患者さんが

心筋梗塞の患者さんと同様に増えています。

 

大動脈とは、心臓から出て胸部、腹部に至る、

体の中心を走る最も太い血管です。

太さは胸部で直径約3cm、腹部でも約2cmはあります。

その太い血管で動脈硬化が進むと、血管内壁の弾力性が低下し、

さまざまな異常が起こりやすくなるのです。

 

老化してもろくなった血管内壁に高血圧、脂質異常症、喫煙などの要因が加わり、

こぶのように膨らんだ状態になるのが大動脈瘤。

そして、血管内壁の一部に亀裂が入り、剥離を起こした状態が大動脈解離です。

どちらも放置すると、血管が破裂して大出血を起こす、命に関わる重大な病気です。

とくに高血圧は、動脈硬化の原因になるだけでなく、血管が膨らんだり、

亀裂が入ったりする要因ともなるので十分な注意が必要です。

 

大動脈瘤の好発部位

 

動脈流は、大動脈のどこにでも発生する可能性がありますが、

最も多いのは腹部大動脈。残りは胸部大動脈に起こり、

胸部大動脈の中では上行大動脈(じょうこうだいどうみゃく)に

最も多く発生します。

 

大動脈瘤☆こんなときは要注意!

 

最近非常に増えているのが、血管が裂ける大動脈解離です。

次の症状がある場合は、すぐに医療機関を受診するか、

救急車を呼びましょう。

 

<6つのチェックポイント!>

 

□ものが飲み込みにくい(嚥下障害)

□かすれ声になる

□咳、血痰、喀血

□血便

□胸や背中、腹部に激痛がある

□息苦しい、呼吸困難、ショック状態

 

大動脈瘤 破裂

緊急手術を受けても死亡率30〜50%

大動脈 解離

2週間放置していると死亡率75%

「動脈硬化を予防する!最新治療と正しい知識 より」

2017年3月15日
睡眠は量より質が重要。横になるだけで血管が楽になる

2017.3.10.jpg

 

睡眠は脳と体の疲労回復、特に大脳のメンテナンスには

必要不可欠です。

そして、心臓と血管を回復させる重要な時間でもあるのです。

就寝・起床時刻を一定にするほか、休日前の夜更かし、

休日の寝坊や昼寝のしすぎは避けましょう。

毎朝、太陽光を浴びることも体内時計の調整に効果的です。

体内時計が整って昼間と夜間のメリハリがついてきます。

 

睡眠は量より質が重要。横になるだけで血管が楽になる

 

寝ている時間がもったいない!という人もいますが、

そんなことはありません。

睡眠は脳と体の疲労回復、

特に大脳のメンテナンスには必要不可欠なのです。

そして、睡眠は眠った時間の長さではなく、

いかに熟睡するかが大切なのです。

 

私たちの体は、24時間自律神経の働きにより、

睡眠時も呼吸や心拍が止まることなく機能しています。

昼間は、体を活動的にする交感神経が優位に働き、

体温が高く、心拍も増えて血圧も上がります。

睡眠中は、体を休息させる副交感神経が優位になり、

体温が下がり、血管が広がって心拍数も血圧も低下します。

つまり、睡眠は心臓と血管を回復させる重要な時間でもあるのです。

 

そこで、良質な睡眠を得るために就寝、

起床時刻を一定にすることを心がけましょう。

毎日同じ時刻に寝起きしていると、

体内時計が整って昼間と夜間のメリハリがついてきます。

昼間は活動レベルが高くなり、

夜間は低くなってぐっすり眠れるようになります。

 

<眠れないパターンを知る>

不眠症の種類は、

次の4つのパターンに分けられます。

まずは、眠れないパターンを知りましょう。

睡眠の背後に心身の病気が潜んでいない場合、

生活リズムを変えることでずいぶん症状は改善できます。

就寝・起床時刻を一定にするほか、

休日前の夜更かし、

休日の寝坊や昼寝のしすぎは避けましょう。

毎朝、太陽光を浴びることも

体内時計の調整に効果的です。

 

<不眠症の種類>

・入眠障害・・・寝つきが悪い

・中途覚醒・・・夜中に目が覚める

・熟眠障害・・・眠りが浅い

・早期覚醒・・・早く目が覚める

「動脈硬化を予防する!最新治療と正しい知識 より」

2017年3月10日
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.