ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ

リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記



お知らせ

2016/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(金)〜1月3日(火)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月4日(水)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました

ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

老化の速度は生活習慣によって大きく変わってくる

2015.8.6.jpg

 

<POINT>

生活環境を改善すれば、悪い遺伝も発現しないようにできる

血管の老化を遅らせることが健康の秘訣

冷えは血行を悪くし、免疫力も低下させる

 

老化の速度は人によってかなり違います。

その個人差はどのような要素で決まってくるのでしょうか。

 

白髪になる、老眼になる、耳が聴こえにくくなるといったことは、

遺伝の要因のほうが大きいと考えられます。

もちろん、いつも騒音のもとで仕事をするような環境にいれば

難聴になるといったように、多少は環境の要因も入りますが。

 

環境要因については自分で何とかできますが、遺伝となると、

自分で何とかすることはできないと思われるかもしれません。

しかし、遺伝子の発現をライフスタイルによって変えることも可能なのです。

 

また、遺伝よりも環境要因が大きいものです。

たとえば血管や骨の老化などは、

食生活、生活習慣によって大きな違いが出てきます。

 

血管は体中の60兆の細胞に栄養を送る大切な臓器です。

その血管の老化が高血圧をはじめ、心筋梗塞、脳梗塞など

さまざまな病気を引き起こすことは、ご存知のとおりです。

 

ですから、食生活をはじめ生活習慣に気をつけて、血管を老化させない、

老化のスピードを少しでも遅くするようにすることが、

健康を保つ上では大切なわけです。

 

血行が悪くなるのは、食べ物、そして体を動かさないことによります。

肉類など飽和脂肪酸が多く含まれる食べ物を食べ過ぎると、

コレステロール値が上がり血管が詰まりやすくなります。

 

ですから、タンパク質を取るならば、DHA(ドコサヘキサエン酸)や

EPA(エイコサペンタエン酸)などの不飽和脂肪酸が

多く含まれる魚のほうがいいといわれているのです。

 

不飽和脂肪酸は飽和脂肪酸とは逆に、血液をさらさらにして、

コレステロール値を下げる働きがあります。

血液が詰まりにくくなるのですから、当然、心筋梗塞の危険が低くなります。

魚をたくさん食べるイヌイットの人たちには心筋梗塞がほとんどないといわれています。

 

そうはいっても、バランスですから、肉をまったく食べないほうがいいというわけではありません。

ただし、脂肪部の多い肉を多く食べると、中性脂肪がふえるので注意が必要でしょう。

 

また、冷えが血行を悪くすることもご承知のとおりです。

血行が悪くなるということは、体内の細胞の隅々に栄養が行き渡りにくくなり、

免疫力を担っている白血球の働きも低下することになります。

 

DHAやEPAは、心筋梗塞や脳梗塞などの血管障害の危険を低くします。

血管障害によって脳の血流が悪くなって認知症になるという危険性も減らすことになります。

 

いつまでも元気に頭を働かせたいと思えば、魚をたくさん食べて

DHAを取ることはとてもいいことです。

「いつまでも『老いない脳』をつくる10の生活習慣 より」

 

日時:2015年8月 6日 PM 02:33
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.