ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ

リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記



お知らせ

2016/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(金)〜1月3日(火)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月4日(水)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました

ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

脳梗塞を予防する栄養素 <納豆>

img_0[9] 2015.3.31.jpg

 

<ドロドロ血の人は血栓を溶解する作用のある納豆を>

 

 血栓を予防するには香味野菜などの抗血栓野菜や青背魚が効果的ですが、

すでにドロドロの血になってしまっていることが医師から指摘された血栓予備軍の人には、

納豆をお勧めします。

 

 納豆は、煮た大豆に納豆菌を加えて発酵させたものですが、そのときに納豆菌が

大豆を餌にしてナットウキナーゼという酵素をつくります。

このナットウキナーゼに血栓を溶解する作用があるのです。

 

 ナットウキナーゼは、倉敷芸術科学大学の須見洋行医学博士が、

アメリカのシカゴ大学で脳梗塞や心筋梗塞などに対する血栓溶解の酵素を

研究していたときに偶然発見したものです。

人工的につくった血栓と納豆を、体温に近い37度の環境で一緒に放置したところ、

血栓が徐々に溶解し、18時間後には完全にとけてしまったそうです。

 

 発見された当時、血栓を溶解する酵素としては、尿に含まれるウロキナーゼの研究が

進んでいました。

そこで、納豆の中の酵素で、同じように血栓の溶解作用があることから、

ナットウキナーゼと命名されました。

発見後、ナットウキナーゼの効能は、幾多の動物実験、ボランティアによる人間の実験で

確認されています。

 

 ヒトの体内には血栓を作る酵素が数種類ありますが、血栓を溶解する酵素は

プラスミンしかありません。

ナットウキナーゼは、そのプラスミンに酷似しています。

 

 大豆を原材料とする味噌や醤油にも酵素が含まれていますが、ナットウキナーゼのように

血栓を溶かす酵素を含有するのは納豆だけです。

 

<納豆は病院で使用する高価な血栓溶解剤に匹敵する>

 

 病院では血栓が発見されると、溶解作用のある酵素のウロキナーゼを投与します。

ウロキナーゼはよい酵素ですがとても高価です。

いっぽう、ナットウキナーゼは、1日に市販の納豆1パックを食べれば必要量を十分に

摂取できます。

わずか数10円で血栓溶解の効果を得ることができるのです。

 

 それに、ウロキナーゼは血管に点滴注射して血栓を溶かすので「薬づけ」の

様相を呈します。

納豆は夕食事においしく食べさえすれば、もうそれでいいわけですから、

その面でも大きな違いがあります。

 

<納豆は晩ご飯に食べるのが最も効果的>

 

 ナットウキナーゼの血栓溶解効果は、8時間にもおよびます。

血栓を溶解する活性持続がとても長いのです。

 

 口から入った食べ物は咀嚼されてデンプンと混ざり、食道を通って胃にたどりつきます。

すると、強酸性の胃の中で消化酵素のペプシンが働き、消化が開始されます。

胃での消化物は十二指腸へと進み、膵液アミラーゼ、リパーゼ、トリプシンなどの

酵素の働きによって化学変化し、腸へと送られ、腸から血液中に吸収されます。

ナットウキナーゼもここで吸収されて血栓の溶解が始まるわけですが、

ここまでに必要な時間は2時間から4時間だといわれています。

 

 一方、血栓ができやすいのは血液濃度が最も高いときであり、

それは睡眠に入って2時間から3時間経過した頃です。

夜の12時に寝たならば、午前2時から3時頃が血栓のできやすい時間帯といえます。

 

 つまり、12時に就寝する場合、午後7時から9時までの間に納豆を食べれば、

早くて9時、遅くても午前1時には血液に吸収され、そこから8時間にわたり

血栓を溶解してくれます。

血栓のできやすい午前2時から3時には十分にその効用を発揮できるというわけです。

 

 一般には、納豆は朝食に食べることが多いようですが、血栓、脳梗塞、心筋梗塞の

予防のためには、夕食に食べるようにしてください。

 

<青ジソ納豆、タマネギ納豆は血栓溶解のダブル効果食品>

 

 これまで述べてきたように、納豆にはいくつもの効果があり、日本が生んだ最高の栄養食品

といえますが、毎日食べていると飽きるかもしれません。

そこで、他の食材をプラスすることをお勧めします。

 

 血栓溶解効果をより高めるのであれば、「青ジソ納豆」、「刻みトマト納豆」などが

お勧めです。

セロリ、ニラ、青ジソ、パセリ、黄ピーマン、トマトなどの香味野菜に含まれるピラジンには、

血流をよくする作用があるので、ダブル効果が期待できます。

タマネギのイオウ化合物も同様で、「タマネギ納豆」もダブル効果食品です。

 

 脂質の摂り過ぎを気にしている人には「オクラ納豆」がいいでしょう。

オクラは、強いコレステロール低下作用などを持つα-リノレン酸を多く含んでいるからです。

 

 好みの問題になりますが、納豆にはヌルヌルした食品が食間的にも合うので、

ヤマイモ、ナメタケ、メカブを加えた「ヤマイモ納豆」、「ナメタケ納豆」、「メカブ納豆」などは

いかがでしょう。

「梅干し納豆」もなかなかのものです。

 

 そのほか、変わったところで、生食用のカキを細かく刻んで混入する「生カキ納豆」も

いいですし、「ソバ新芽納豆」「アボカド納豆」なども、たいへんおいしいと感じます。

 

 納豆が使われた郷土料理もあります。

東北では、「ゴト納豆」「雪の夜汁」をよく食べています。

山形には納豆とともにサトイモ、ダイコン、ニンジン、コンニャク、豆腐を味噌汁風に

調理した「納豆汁」も浸透しています。

 

 このように好みや食文化のもと、病気を防ぐ野菜や果物を納豆に加えて、

目先を変えて食べてみてはいかがでしょう。

 

 なお、納豆には血液を凝固させるビタミンK2も含まれています。

これが強力なナットウキナーゼの効用をバランスよく調整しているのですが、

血栓症の治療に用いられる経口抗凝固剤のワーファリンと一緒に摂ると、

その効き目を消失させてしまうため、ワーファリンを処方されている人は、

納豆を食べるのを控えたほうがいいでしょう。

「病気にならない食事法 より」

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

 近年、日本人の死因の上位占めているガン・心筋梗塞・脳血管系の疾患、

そして高血圧症などの生活習慣病の多くは、戦後、日本人の食生活が欧米化し、

動物性食品を多くとるようになったことに起因すると言われています。

 

 長寿のためには、動物性食品を控えた方が良いという事ですが、動物性食品を

摂らないことからビタミンB12を摂取できなくなる恐れがでてきます。

ビタミンB12を摂取できないことで、脳のビタミンとしての作用が欠落してしまうという

深刻な問題も起きています。

 

 ビタミンB12は、肉や魚介類、卵、乳類などの動物性食品には多く含まれますが、

原則として植物性食品には含まれません。

植物性でも例外的に、納豆やみそなど発酵食品、のりなどの海藻に含まれます。

しかし、食べ物に含まれるビタミンB12は、そのままの形では吸収されません。

胃から分泌された内因子と結合する必要があるのです。

このために胃を切除した人では、ビタミンB12が欠乏して貧血をおこすことがあります。

 

 また、現在60歳以上の人の20パーセントでビタミンB12の欠乏が見られます。

これは歳をとると胃の機能が低下し、内因子の分泌が低下するからです。

血液検査では見つけられないような軽度のビタミンB12の欠乏でも、

認知症に似た神経異常を引きおこすことがあります。

とくに高齢者では、ビタミンB12の値が基準値の範囲にあっても、それが下限値の場合には、

記憶障害をおこすことが知られています。

 

 ビタミンB12には、脳の血流をよくするとともに、脳神経の働きを改善あるいは

促進する作用があります。

同時に、動脈硬化の原因となるホモシステインや活性酸素(ふえすぎると体に害を及ぼす

非常に不安定な酸素)を除去する働きも持っています。

 

 ビタミンB12は、脳からの指令を伝達する神経を正常に働かせるために必要な栄養素です。

十分にあると、集中力ややる気が高まり、不足すると、神経過敏などの症状が

起こりやすくなります。

また、脳や神経と関連が深く、不眠症にも効果があるといわれています。

 

日時:2015年3月31日 PM 04:56
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.