ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ

リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記



お知らせ

2016/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(金)〜1月3日(火)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月4日(水)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました

ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

怖いのは“沈黙の脳梗塞”

img_0[9] 2015.1.13.jpg

 

 脳梗塞は、脳の動脈や頸動脈に血栓が詰まって起こったり、心臓内にできた血栓が、

血流にのって脳内に移動して血管を詰まらせ、突然の発作に見舞われて起こります。

 

 発作が起こった場合には、半身に麻痺が生じたり、手足の機能が損なわれたり、

言語に影響が出るなどといった障害が残るケースが多く、回復するためのリハビリを

余儀なくされます。

 

 脳梗塞といえば、こうしたケースのように、ある日突然発作が起きて倒れるといったことが

イメージされますが、あきらかな脳梗塞以外に、脳のなかに小さな梗塞(血栓)ができることが

あります。

これが「ラクナ梗塞」と呼ばれる梗塞です。

 

 ラクナ梗塞は、大きさにすると直径15mm以下と小さいものです。

脳内にこの梗塞ができても、ほとんどは無症状であることが多いです。

 

 しかし、それと気づかずにいると、脳内の血液の流れはしだいに滞るようになり、

大きな梗塞へとつながる可能性も高くなります。

これが脳血管性認知症の原因となります。

 

 日本人の場合、認知症が起こる約半数は、このラクナ梗塞をはじめとした血管障害が

原因となっています。

予防は前倒しして講じておくことが最善策といえるでしょう。

 

 ラクナ梗塞が起こっていてもほとんどは無症状だとお伝えしましたが、

じつは兆候としてみられる症状がないわけではありません。

たとえば、こんなことを感じたことはないでしょうか。

 

「最近、歩いていてよくつまづくんだよね。これって年のせいかな?」

「前は本を読むのが好きだったんだけど、年々読む量が減ってきたなぁ」

「目がかすむようになって、ものが見えづらくなってきたんだよね」

 

 ラクナ梗塞は、脳の老化を意味しているのです。

 

 以前とは違うと感じながらも、「年だから」とさらりと流してしまっているのかもしれません。

しかしそれは、脳の血流が悪くなった結果、徐々に脳の機能が落ちているからかも

しれないのです。

 

 こうした“沈黙の脳梗塞”には、常日頃から予防策が重要です。

人間はどうあがいたところで、ある年齢を迎えれば身体のいたるところに、

なんらかの危険因子を抱え込むものです。

それに対抗できるかどうかが、アンチエイジングの要になります。

 

 いまはMRIの技術が向上してきているので、小さな梗塞も見つかるように

なってきています。

「以前とは違う」と思ったら、一度検査をしてみることをおすすめします。

「「脳の栄養不足が」老化を早める! より」

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

 認知症の多くは、脳血管障害の積み重ねで起こり、その原因のほとんどが脳梗塞です。

ですから、脳梗塞の前兆である隠れ脳梗塞を早期発見することで多くの認知症を

防ぐことができるのです。

 

 隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)は、早い人だと30代からあらわれ、40代を過ぎると

急に増加するといわれています。

 

 脳梗塞は、高血圧や糖尿病などの病気が原因となったり、生活習慣などによって

血液がドロドロになって血液循環が悪くなったりして、血管が厚く狭くなり、

脳の血管が徐々に詰まって進行していきます。

一般的に、脳梗塞の初期には、大きさ数ミリ程度の微小な梗塞が数個出現し、

段階をへるごとにこの梗塞が脳のあちこちに見られます。

このような症状のないごく小さな梗塞が隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)です。

 

 脳梗塞をはじめとする脳血管障害を生活習慣病の一つととらえ、

ふだんから脳の血管を健康に保つ生活を心がけ、脳梗塞を予防し、

脳の健康を守ることが大切です。

 

 ビタミンB12には、脳の血流をよくするとともに、脳神経の働きを改善あるいは

促進する作用があります。

同時に、動脈硬化の原因となるホモシステインや活性酸素(ふえすぎると体に害を

及ぼす非常に不安定な酸素)を除去する働きも持っています。

ビタミンB12は、大量かつ配合によって効果的に働き、そして、ビタミンB群は

バランス良く摂ることで相乗効果を発揮します。

また、脳や神経と関連が深く、不眠症にも効果があるといわれています。

日時:2015年1月13日 PM 04:46
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.