ビタミンB12高用量配合のサプリメント


脳梗塞の予防・対策、後遺症にサプリメント ビタミンB12のリブラ

リブラまとめ買いチャンス

資料・サンプル請求

ご注文方法

ブログ 縁処日記



お知らせ

2016/12/15
≪年末年始の休業日≫
12月30日(金)〜1月3日(火)
Eメール・FAXは24時間承りますが、 確認メール・商品の発送は1月4日(水)以降となります。
何卒よろしくお願いいたします。

2010/7/21
ヤマト宅急便コレクト(代金引換)に「お届け時電子マネー払い」がご利用いただけるようになりました。

宅急便コレクト お届け時電子マネー払い

2008.5.1
代金引換手数料を無料にしました

ごあいさつ

 世の中にはさまざまな健康法があります。
 闇雲に信じるのではなく、自分に適したもの、自分でできるものから取り組んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む

サプリメント

健康食品

BBS7.COM
MENURNDNEXT

縁処-endokoro-最新情報

フリーラジカルと活性酸素の違い

img_0[9]-2.jpg

 

 「フリーラジカルの代表が活性酸素ということは、ほかにもフリーラジカルがあるの?」

 

 フリーラジカルと活性酸素は、まったく同じものだと思っている人が少なくないようです。

しかし、この2つは違います。

 

 物質をつくっている原子には原子核があって、その周囲の軌道を電子が回っています。

1つの軌道の電子は通常ペアになっていて安定しているのですが、なかには電子が

1個しかないものもあるのです。

 

 電子が1個(奇数個)では安定しません。

そこでなんとかほかから電子を奪おうとするわけです。

この電子が1個しかなく、強奪を得意とするのがフリーラジカルです。

電子を奪われた物質は、かたちが変わったり、機能を失ったりします。

ここがフリーラジカルの厄介なところです。

 

 一方、活性酸素は、酸素を含む物質のなかで、とくに活性が強いものをいいます。

活性酸素のなかには、スーパーオキサイド、ヒドロキシラジカルと呼ばれる物質が

あるのですが、この2つは電子がペアになっていません(不対電子)。

つまり、これはフリーラジカルです。

これに対して、過酸化水素、一重項酸素といった活性酸素は、

不対電子をもっていないため、フリーラジカルではありません。

 

 整理すると、不対電子をもっている物質はすべてフリーラジカルです。

そのなかには、酸素の活性の強い活性酸素もあります。

 

 ところで、フリーラジカル、活性酸素といえば、根っからの悪者というイメージが

定着していないでしょうか。

いわゆる、「百害あって一利なし」です。

しかし、フリーラジカルは、身体にとって有益な役割も担っているのです。

 

 たとえば、身体のなかにウイルスや細菌が侵入します。

それを迎え撃つのが白血球ですが、白血球がウイルスや細菌を取り込んでも、

それだけではウイルスも細菌も死なないのです。

そこで登場するのがフリーラジカル。

白血球のなかでフリーラジカルが発生します。

フリーラジカルが出てはじめて、白血球はウイルスや細菌を退治できるのです。

 

 活性酸素のほうも悪一辺倒ではありません。

母乳中に大量に含まれるキサンチンオキシターゼという酵素は、母乳が空気に

ふれることによって活性酸素を発生させ、母乳に入り込む細菌に対して強力な

殺菌作用を有するのです。

 

 

 活性酸素を活用したガン治療もおこなわれています。

高濃度のビタミンCを点滴するというのがその療法ですが、ビタミンCの点滴で

過酸化水素という活性酸素を発生させるのです。

 

 正常な細胞にはカタラーゼという酵素があって、それが活性酸素を消去します。

一方、ガン細胞はカタラーゼをもっていないため、この活性酸素にやられてしまうのです。

正常細胞になんら影響を与えず、ガン細胞だけを殺す働きをする、

こんな理想的な働きがビタミンCにはあるのです。

ただし、カタラーゼという酵素はたんぱく質、鉄、ビタミンB群といった栄養が

充分にないとうまく働かないため、栄養状態が悪い場合には、過酸化水素が

正常細胞にも影響を及ぼす可能性はある、とされています。

 

 このように、フリーラジカルや活性酸素は身体にとって重要な働きをしています。

問題は、それが消去できず、増えすぎてしまうことにあります。

老化防止という視点から考えなければならないのは、過剰なフリーラジカルや

活性酸素が及ぼす悪影響と、いかに闘うかということです。

「「脳の栄養不足」が老化を早める! より」

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

 脳の萎縮を防止するには、脳細胞の蛋白合成、核酸合成が順調に行われることが

好ましいのです。

ビタミンB12は、蛋白合成、核酸合成の両方に役立っていることがわかっています。

 

 また、シナプス形成に必要な素材として神経系構成成分、つまり栄養成分が必要なことは

当然でその構築作業のための酵素、そしてそれを補佐する補酵素的ビタミンも

必要となります。

その中でも重要なものがビタミンB12であります。

 

 ビタミンB12には、脳の血流をよくするとともに、脳神経の働きを改善あるいは
 
促進する作用があります。
 
同時に、動脈硬化の原因となるホモシステインや活性酸素(ふえすぎると体に害を及ぼす
 
非常に不安定な酸素)を除去する働きも持っています。
 
ビタミンB12は、大量かつ配合によって効果的に働き、そして、ビタミンB群は
 
バランス良く摂ることで相乗効果を発揮します。
 
ビタミンB12は、脳からの指令を伝達する神経を、正常に働かせるために必要な栄養素です。
 
十分にあると、集中力ややる気が高まり、不足すると、神経過敏などの症状が
 
起こりやすくなります。
 
また、脳や神経と関連が深く、不眠症にも効果があるといわれています。
日時:2014年12月27日 PM 04:01
Copyrights(C) (株)トーアカンパニー ビタミンB12 2006.All Rights Reserved.